Netflixの『バイオハザード:インフィニット・ダークネス』に顔を使われたと訴えるコスプレイヤーが現れる!?

Netflixの『バイオハザード:インフィニット・ダークネス』に顔を使われたと訴えるコスプレイヤーが現れる!?

先日発表されたフル3DCGアニメ『バイオハザード:インフィニット・ダークネス』に自分の顔が使われたと訴えるコスプレイヤーが現れました。

中国人コスプレイヤーの前羽さんは、NetflixがバイオハザードのCGアニメの発表資料のなかのクレア・レッドフィールドのモデルとして、自分の顔やポーズが勝手に使われていると非難しました。

彼女は「特徴が同じ位置にある。目、眉毛、唇の表情、服の折返し。奇跡? たぶんクレアは白人で私はアジア人」とツイートし、2つの画像を重ね合わせた写真を添えています。

現在は消されていますが、最初に彼女の告発を見つけたバイオファンは当然否定したものの、一部のファンは類似性を支持しました。

気になるのは前羽さんはそもそもコスプレイヤーであり、クレアのコスプレをする際には本家のクレアを参考にして衣装を準備し、クレアと同じように見えるよう化粧、髪のセット、表情付けをしているはずです。
これはNetflixも同じで、本家クレアを参考にして制作しているので、お互いが似てくるのは避けられないのではないでしょうか?

言いがかりとまではいいませんが偶然の一致としか思えず、前羽さんの主張は支持できないですし、むしろ彼女にはカプコンが監修するクレアにそっくりだったことを喜んでほしいです。


『バイオハザード:インフィニット ダークネス』はNetflixにて2021年より配信となっています。

BIOHAZARD RE:3新品価格
¥5,065から
(2020/10/1 21:34時点)

ゲーム関連ニュースカテゴリの最新記事