【悲報】レベルファイブが北米から撤退か!?

【悲報】レベルファイブが北米から撤退か!?

レベルファイブが北米のオフィスを閉鎖したというニュースが飛び込んできました。

『妖怪ウォッチ』『レイトン教授』『二ノ国』などの有名シリーズを抱えるレベルファイブですが、近年『二ノ国2』の不発や『妖怪ウォッチ』の人気低迷、『イナズマイレブン』の度重なる発売延期など、不穏なニュースばかりが目についていました。

この情報はGamesIndustry.bizが伝えたものです。それによると、北米オフィスである“レベルファイブ・インターナショナル・アメリカ”と“レベルファイブアビー”は、2018年頃に約20名の従業員を解雇しています。残りのスタッフ数は現在不明ですが、“レベルファイブアビー”は必要最低限の1人か2人の従業員しか残っておらず、事務所閉鎖の準備をしていたようです。
すでに同事務所のCOOはスタジオを離れている模様。

今後レベルファイブのタイトルの北米リリースがどうなるのか不明です。ある情報筋によると、オフィスの閉鎖後は欧米でのリリースがなくなるだろうとのこと。


ちなみに北米でのレベルファイブタイトルの販売は、『二ノ国』シリーズはバンダイナムコ、『レイトン教授』『妖怪ウォッチ』『イナズマイレブン』シリーズは任天堂が行っていました。
『イナズマイレブン 英雄たちのグレートロード』と『妖怪ウォッチ4』(Switch/PS4)は欧米でのローカライズが決まっていましたが、発売に影響するんでしょうか?

とはいえ、このニュースは確定情報ではありませんので公式発表を待ちましょう。

妖怪ウォッチ4 -Switch新品価格
¥5,846から
(2020/10/13 12:35時点)
妖怪学園Y ~ワイワイ学園生活~|オンラインコード版新品価格
¥4,320から
(2020/10/13 12:37時点)

ゲーム関連ニュースカテゴリの最新記事