【本当?】PS5のゲームは「外付けHDDに保存できない」との報道

【本当?】PS5のゲームは「外付けHDDに保存できない」との報道

報道によると、PS5のゲームは外付けハードディスクに保存できないそうです。

PS5はパッケージ版のソフトであってもSSDにインストールして遊ぶことになります。最初から搭載している内蔵SSDストレージ825GBのうち、実際にユーザーが使用できるのは約664GBだと言われています。
PS5は内部ストレージ以外に、外付けSSDやHDDに対応していますが、そこから直接起動できるゲームはPS4のゲームのみということが分かっています。

つまり、PS5用のゲームを遊ぶには、内部SSDにインストールしておかないといけません。PS5用のゲームは容量が大きいため、すぐにSSDは一杯になってしまうと思われますので、ユーザーは遊ばないゲームは外付けハードディスクに移しておこうと考えているはずです。

しかし、GameSpotは「ストレージスペースを空けるためにPS5のゲームを外付けハードディスクに移動することはできない」と報じています。

これが事実なら困ったことになりそうです。PS5のゲームは内蔵SSDの約664GB内でやりくりしないといけません。入り切らないゲームは消去し、遊ぶ際にはまたダウンロードなりディスクを読み込んでインストールするしかありません。
ちなみに『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales』は約50GB、『Call of Duty:Black Ops Cold War』は約133GBのデータサイズがあります。

それに関連してかPS5のゲームデータも外部ストレージに移動することはできないようです。
Xbox Seriesはもちろんこのようなことはないので、PS5ユーザーのためにもアップデートなどで対応してほしいですね。


先ごろ報道された「発売時に拡張ストレージをサポートしない」ことや、「外付けSSDやHDDからはPS5のゲームは起動できない」など、本体発売直前になってネガティブな情報が湧いています。
これらがただの憶測だったら公式がきちんと否定するべきだし、事実ならなおさら告知するべきことです。

ソニーのユーザーに対する誠実さが問われます。

PS5カテゴリの最新記事