2Dと3Dのゼルダどっちが好き? 任天堂が質問

2Dと3Dのゼルダどっちが好き? 任天堂が質問

Nintendo of AmericaがTwitterで究極の質問をぶつけてきました。
「2Dと3Dの『ゼルダの伝説』ではどっちが好き?」

ご存知のように『ゼルダの伝説』シリーズには「2Dゼルダ」「3Dゼルダ」と呼ばれる2つのカテゴリーがあります。

「2Dゼルダ」は『神々のトライフォース』(SFC)や最近リメイクされた『夢を見る島』(Switch)などの伝統的な見下ろし視点のタイトル。
「3Dゼルダ」は『時のオカリナ』(64)から始まった3D視点のタイトルで、最新作の『ブレス オブ ザ ワイルド』(Switch)もこれですね。

NoAの公式Twitterアカウントでこのようなツイートがあり、ファンの間で話題になっています。

ゼルダの伝説シリーズをテーマにした質問でプレイヤーの心をつかむ時が来ました。結果は次回の #NintendoPower Podcast で発表します。
ゼルダの伝説のゲームではどのスタイルが好きですか?
「2D(見下ろし)」or「3D」

執筆時点では3万6013票があつまり、2Dが18.7%、3Dが81.7%となっています。

この他にも、
「どのオカリナの曲でリラックスしたいですか?」
「剣と弓、敵を倒したとき満足するのは?」
などの質問もありますので、興味があったら参加してみてください。


この質問にどういう意図があるかはわかりません。ツイートしているように、ポッドキャスト用のちょっとしたネタなのかもしれません。

しかしファンとしては「今後のリメイクタイトルに影響があるんじゃないか」とか、「『ブレス オブ ザ ワイルド2』以外にもあるはずのラインで『時のオカリナ2』のようなタイトルが動いているのかも」などと色々勘ぐってしまいます。

今後の動きに影響があるのかもしれないので、自分の意見をぶつけておいてもいいかもしれませんね。

ゼルダ無双 厄災の黙示録 -Switch新品価格
¥6,836から
(2020/11/13 13:59時点)
ゼルダの伝説 夢をみる島 -Switch新品価格
¥4,099から
(2020/11/13 13:59時点)

任天堂カテゴリの最新記事