元セガの水口哲也氏が新たなプロジェクトに取り組んでいると報告

元セガの水口哲也氏が新たなプロジェクトに取り組んでいると報告

元セガのプロデューサーで現Enhanceの水口哲也氏が、ツイッターで新しいプロジェクトに取り組んでいることを報告しました。

11月22日は氏の手掛けた作品の中でも最も有名なタイトル『Rez』の発売19周年記念日でした。
ファンからのお祝いのツイートに答えてこうツイートしました。

「そう、今日は『Rez』の記念日。2001年11月22日にリリースしました。『Rez』、『Child of Eden』、『Rez Infinite』をプレイしてくれた皆さんありがとう。
私と@enhance_expは新しいプロジェクトに向けて動き出しています。

水口氏といえばセガ時代『セガラリー・チャンピオンシップ』や『スペースチャンネル5』などの名作に関わった後、独立して『Lumines』や『Rez』など視覚と音楽との強いつながりをもったゲームをリリースしてきました。

2018年発売の『Tetris Effect』からは、ゲーム以外の何かをやっている、くらいしか伝わっていませんでした。

Enhanceスタジオは昨年発表された『Humanity』というゲームにも取り組んでいますが、これは水口氏の言う「新しいプロジェクト」とは違うものだろうと思われます。


セガの中でもクリエーター色の強いかたでしたが、もはやアーティストと言ったほうが実情に近いですね。

『Tetris Effect』は興味が持てなくて触っていませんが、彼が次に何を作ってくれるのか楽しみにしています。

参考記事

ゲーム関連ニュースカテゴリの最新記事