3Dになった『FF1』『ドラクエII』が面白そう‼

3Dになった『FF1』『ドラクエII』が面白そう‼

最近あらわれたファミコンのエミュレーター「3dsen」によって3Dに変換された初代『FF』と『ドラゴンクエスト II』がとても新鮮で面白そうです。
ただし非公式なので推奨しません。動画で楽しんでください。

「3dsen」はクラシックゲームをリアルタイムで3Dに変換するユニークな機能があります。以下の動画でそのグラフィックを確かめてください。

『FF』では港町プラボカのシーンです。斜俯瞰の視点になり、家々が立ち並ぶようすが見られます。この時点でオールドゲーマーは興奮してしまいますよね。
操作キャラクターは宿屋に立ち寄り、そのあと例の海賊たちとの戦闘に突入します。初見ではここで全滅するのがセオリーです。
他の見るべきポイントとして、バトル中の背景がアニメーションしています。
戦闘後に街から出て飛空艇で空をかけるシーンまで見られます。

続いて『ドラクエII』ですが、見慣れないタイトル画面から始まります。これは海外版だけの要素でしょうか。懐かしいオープニングが終わると、勇者はローレシアを後にし北に向かいます。そして毒沼に足を踏み入れたところで動画は終わります。
音楽が早回しのように聞こえますが、海外版の仕様なのかエミュレーターの倍速モードなのかわかりません。


このエミュレーターは他に『スーパーマリオブラザーズ』『ゼルダの伝説』などのタイトルもあるようですが、先にも書いたように非公式のため推奨できるものではありません。ネタとして動画で楽しむ程度に留めましょう。

システムごと任天堂などが正式に買い上げて遊べるようになったらいいですね。

参考記事

〔新価格版〕ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S – Switch新品価格
¥4,727から
(2020/11/29 22:08時点)
ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S – PS4新品価格
¥4,385から
(2020/11/29 22:08時点)

ゲーム関連ニュースカテゴリの最新記事