CD Projekt RedがSwitch版『ウィッチャー3』を称賛

CD Projekt RedがSwitch版『ウィッチャー3』を称賛

CD Projekt RedはSwitch版『ウィッチャー3 ワイルドハント』の今年の売れ行きに満足していて「良い収益源」だと言っています。

『ウィッチャー3』の発売から5年が経ちましたが、いまだに新規ファンが増え続けています。2019年にはSwitchに移植され、初めて広大なオープンワールドにふれるという人が増えました。

今週行われた投資家向けの決算説明会でCEOのアダム・コシンスキー氏は、今年の収益が前年より顕著に増加していることを発表しました。
要因として、Netflixのドラマ版ウィッチャーシリーズが人気で、新たファンがゲームに入ってきていること、新型コロナウイルスの流行で自宅にいる時間が増え、ゲームの売り上げが伸びたことが挙げられました。

これらの要因以外ではSwitch版『ウィッチャー3』が非常に好調に推移しているようで、コシンスキー氏は特にその点を強調しています。
具体的な販売本数については言及しなかったものの「素晴らしい牽引役」「本当によくやってくれた」と満足している様子でした。
ドラマから入ったカジュアルゲーマーがSwitch版を手にとっているのかもしれませんね。

Switch版のサポートはまだまだ続けられていて、先月もアップデートされたばかりです。『サイバーパンク 2077』発売後も同社に収益をもたらしてくれそうです。


『サイバーパンク 2077』の発売延期が繰り返されるなか、CD Projekt Redをささえてくれたようですね。
この規模のAAAゲームを32GBのカートリッジ1枚に収める同社の技術力は素晴らしいですね。買って損のない作品です。

参考記事

ウィッチャー3 ワイルドハント コンプリートエディション -Switch 【CEROレーティング「Z」】 (【パッケージ版特典】豪華な特典3種セット 同梱)新品価格
¥5,500から
(2020/11/30 20:57時点)
ウィッチャー3 ワイルドハント ゲームオブザイヤーエディション 【CEROレーティング「Z」】 – PS4新品価格
¥5,645から
(2020/11/30 20:58時点)

Switchカテゴリの最新記事