2020年Switchhは中国で130万台以上を売り、PS4とXbox Oneを合わせた売上の2倍に

2020年Switchhは中国で130万台以上を売り、PS4とXbox Oneを合わせた売上の2倍に

ブルームバーグのレポートによると、2020年にSwitchは中国で130万台以上を販売し、大成功を収めた模様。これはPS4とXbox Oneを合わせた売上のほぼ2倍になるとのこと。

これは以前記事でも触れたように、新型コロナウイルスの蔓延によって中国のゲームの中心であったゲーミングカフェやインターネットカフェの客が減り、その層がSwitchに流れてきたことと、『リングフィットアドベンチャー』など流行のタイトルがあった影響です。

この記事で『あつまれどうぶつの森』も流行していると書いたのですが、実はこのソフトはまだ中国政府の承認を得ていないとのことで、ユーザーが独自に入手して遊んでいるようです。
今後正式に販売開始となったら、本体とともにさらに伸びると思われます。

Switchの中国での販売台数は正式販売開始から1年で395万台となり、先行して販売していたPS4とXbox Oneを上回りました。
ちなみにPS4は2015年3月から中国で販売されているので、Switchの普及ペースがいかに早いかわかりますね。


中国でのSwitch販売はテンセントがおこなっています。そのプロモーション力もSwitch人気に寄与しているのではとブルームバーグでは指摘しています。

参考記事

あつまれ どうぶつの森 -Switch新品価格
¥5,445から
(2020/12/10 19:11時点)

Switchカテゴリの最新記事