ドラクエがテーマの屋外アトラクション「大魔王ゾーマとはじまりの島」が発表‼

ドラクエがテーマの屋外アトラクション「大魔王ゾーマとはじまりの島」が発表‼

淡路島にあるテーマパーク、ニジゲンノモリにて、ドラゴンクエストをテーマにしたアトラクション「ドラゴンクエスト アイランド 大魔王ゾーマとはじまりの島」が、2021年春にオープンすることが発表されました。

ゲームを元にしたテーマパークでは2021年2月にUSJにオープンする「スーパー・ニンテンドー・ワールド」が話題ですが、なんと国民的RPGの『ドラゴンクエスト』をモチーフにしたアトラクションが生まれます。

ニジゲンノモリがある淡路島はドラクエのクリエーター堀井雄二氏の故郷です。
来年春オープン予定とのことですが、少しもリークされていなかったので(わたしが知る限りですが)厳重に進められていたのか、ばれない程度の規模なのかという感じです。

公式サイトがオープンしていますのでさっそく覗いてみました。
トップ画像にはゾーマ、キラーマシン、キラーパンサーが描かれています。

「ついにあの冒険の世界が現実に!?
ドラゴンクエスト アイランド
大魔王ゾーマとはじまりの島
2021年春オープン予定!」

大魔王ゾーマが出るということは『ドラクエ3』をモチーフにしているということでしょうか。しかし、キラーパンサーが初登場したのは『ドラクエ5』だったと思います。そのへんはゆるくやっていくようです。

ドラゴンクエスト アイランドとは?
リアルとデジタルを融合させて表現した「ドラゴンクエスト」の世界を、物語の主人公となり自分自身の足で冒険する屋外型のフィールドRPGアトラクションです。

アトラクションの内容は今のとここの説明しかありません。トップ画像のお城の向こうが森や街のようになっているので、ここを歩きながらクエストを進めていくのでしょうか?
よく見ると精霊ルビスの像や、石碑のようなものがあったり、魔法の鍵で開く扉も見受けられます。これはわくわくしますね。

このアトラクションには「ホミロット」という冒険の案内役をしてくれるキャラクターがいます。「勇者に憧れるホイミスライム」らしいです。かわいいですね。
ほかにもオリジナルキャラクター、モンスターが登場するそうなので、それも楽しみの一つですね。

堀井氏もこの発表を受けて喜びのツイートをしています。堀井氏といえばまだ発表してはいけないことをぽろっと言うことで有名なので、思わずよく我慢できたと感心してしまいました。


『ドラクエ』をどれだけ再現しているのか楽しみですね。4人で縦に並んで進む人が続出しそうです。

最新作『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』はSwitch、PS4にて発売中です。

〔新価格版〕ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S – Switch新品価格
¥4,200から
(2020/12/10 14:41時点)
ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S – PS4新品価格
¥4,482から
(2020/12/10 14:42時点)

ゲーム関連ニュースカテゴリの最新記事