『スターデューバレー』今までで最大となるバージョン1.5をリリース

『スターデューバレー』今までで最大となるバージョン1.5をリリース

『スターデューバレー』のバージョン1.5アップデートでは、新しい島や新しいキャラクター、新しいクエストとアイテムなど、新コンテンツが多数導入されました。

本作のクリエイターであるEric Barone氏が「これまでで最大のアップデート」だと語るバージョン1.5がまずはPC向けに配信され、ゲーム後半のコンテンツや新しいファーム、ベテランプレイヤー向けの「リミックス」などが追加されました。コンソール向けには来年初頭リリースを予定しています。

今回のアップデートの最大の新要素の1つは、ビーチファームを選択できるようになったことです。『スターデューバレー』はゲーム開始時に、釣りに向いた川沿いの農場や採掘に有利な丘の上の農場など、プレイヤーの経営方針に応じてさまざまな農場を選択することができます。
新しく追加されたビーチファームは砂地が多く、スプリンクラーを使用しての農作業はできませんが、釣りをすることができます。経験豊富なベテランプレイヤーには楽しい選択肢ですが、初めてのプレイヤーには別の農場を選ぶことを推奨しています。

Barone氏はゲームに追加された新しいゴール、新しいクエスト、新しい出会い、新しいキャラクターイベントなど、ゲーム後半に追加されたコンテンツのネタバレに配慮したリストを掲載しています。しかし、パッチノート内には今回のもっとも興味深い追加要素が記されていました。

ゲーム後半のコンテンツで最も大きな変更点の一つは、「Ginger Island」と呼ばれるエリアの導入です。この島には新しいNPCやクエストのほか、ミニゲームやパズル、火山ダンジョンなどが用意されているようです。パッチノートには「レオ」という名前の新キャラクターの詳細が記載されており、「彼自身のバックストーリー、プロットライン、イベントなど」を持っていることから、おそらくゲーム内の新しいパートナー候補ではないかと思われます。

他にもこのアップデートで新たな敵が多数追加されていて、その多くは火山をテーマにしたもので、Ginger Islandで見つけることができます。新しい敵の中には、マグマキャップ、ホットヘッド、溶岩ルーク、マグマスプライトなどが含まれます。また、数十種類の新アイテム、クエストアイテム、指輪、衣類アイテム、家具、武器も追加されています。

さらに、新しい動物も追加されています。バージョン1.5ではダチョウを飼育することができるようになりました。


「これまでで最大のアップデート」と言われているとおり、追いきれないほどの新要素が追加されたようですね。

・新しい農場
・新エリアGinger Island
・新しいパートナー候補「レオ」
・多数の新しい敵
・クエスト追加
・ミニゲーム追加
・火山ダンジョン追加
・数十種類の武器、アイテムの追加
・ダチョウ追加

ざっと以上のような要素が待っています。筆者はコンソール版を遊んでいるので、これ以上の情報は見ないようにして来年の配信を待つことにします。

参考記事

Stardew Valley|オンラインコード版新品価格
¥1,036から
(2020/12/22 10:46時点)

PCカテゴリの最新記事