ノルディスクゲームズが『メトロイド』開発会社の株40%を買収

ノルディスクゲームズが『メトロイド』開発会社の株40%を買収

ノルディスクゲームズが『メトロイド』や『キャッスルヴァニア』の開発会社MercurySteamの株40%を買収したことが判明しました。

2002年に設立されたMercurySteamはスペインのマドリードに拠点を置く開発スタジオです。『メトロイド サムスリターンズ』『キャッスルヴァニア ロードオブシャドウ』を開発したことでご存知の方も多いと思います。
最近ではF2Pの対戦アクションゲーム『Spacelords』を自社パブリッシングでリリースしており、さらにいくつかの新作タイトルを開発中とのことでした。

デンマークのコペンハーゲンに拠点を置くノルディスクゲームズは、現在ヨーロッパのゲーム会社8社に投資していて、その中にはAvalanche Studios(『Just Cause』『Mad Max』など)の完全所有権、Raw Fury(『Call of the Sea』など)の一部所有権が含まれています。
ノルディスクゲームズはウェブサイトで以下のように説明しています。

私たちは創業者に権限を与え、彼らが自分たちの運命をコントロールできるようにしたいと考えています。私たちは投資先企業の取締役会に1~2席参加しています。私たちの経験を活かして、出資する各スタジオの戦略的な方向性を支援したいと考えています。

ノルディスクゲームズのシニアパートナーであるMartin Walfisz氏は「MercurySteamの価値はその実績が物語っており、彼らが現在開発中のゲームは非常に有望でエキサイティングなものです」と述べています。

MercurySteamのCEOであり共同設立者のEnric Alvarez氏も、この新しいパートナーシップについて次のように語っています。「初めてお会いした時から、両者が同じDNA、野心、目標を共有していることがわかりました、私たちのスタジオは統合と成長の新時代に突入しています。最高のものはこれから来るでしょう」


PS2の『キャッスルヴァニア』が肌に合わなかった(月下の夜想曲を期待していた)ので『ロードオブシャドウ』は未プレイです。『サムスリターンズ』は時間を忘れてプレイしました。

今回の出資によってMercurySteamがより大きなタイトルに挑戦できるといいですね。

参考記事

ゲーム関連ニュースカテゴリの最新記事