Switchで『サイバーパンク2077』をプレイする動画が公開

Switchで『サイバーパンク2077』をプレイする動画が公開

YouTuberが『サイバーパンク2077』をSwitchでプレイする方法を考案し、実際に動画内で起動させています。

2020年最大の話題作『サイバーパンク2077』ですが、下の記事にもあるように、コンソールでプレイするには大変な忍耐力が試されます。その『サイバーパンク2077』をSwitchでプレイすることなどもってのほかのように思われます(実際に発売されてもいません)。

しかし、任天堂のファンであるYouTuberのNintendrew氏は、自身のチャンネルでハッキングしたSwitchで『サイバーパンク2077』をプレイする方法を紹介し、実演しています。

まったく推奨できない方法ですが、要約するとSwitchをハッキングしてAndroid OSをインストールし、GoogleのStadiaアプリを経由して『サイバーパンク2077』をストリーミングで動かしています。

Joy-ConとProコントローラーはどちらも使用でき、キー配置はXboxと同じになっています。動画ではTVモード、携帯モード、テーブルモードのどれでも動くことを確認していて、TVモードでは1080p、アンドックでは720pで安定して稼働しています。

Stadiaが起動できているので、同じ手段で『Destiny 2』や『Star Wars Jedi Fallen Order』などSwitch未発売のAAAゲームもストリーミングで遊ぶことが可能です。
Switchでは『バイオハザード7』や『Control』、『Hitman 3』などのクラウド版がリリースされているので、もしかしたら今後『サイバーパンク2077』も登場するかもしれません。


Switchのクラウド版タイトルは、『バイオハザード7』はプレイ期間が180日間と限られていたり、『アサシンクリードオデッセイ』はランチャーをダウンロードしてからゲーム内課金で730日間利用券を購入、そのうえUBISOFTアカウントが必要などと、とにかく統一されていないし不便です。
このあたりを明快にしたシステムがほしいところですね。それか本当にStadiaに対応してしまったら早いかと思います。

参考記事

Switchカテゴリの最新記事