GameSpotのゲーム・オブ・ザ・イヤー24年間を振り返る

GameSpotのゲーム・オブ・ザ・イヤー24年間を振り返る

GameSpotが1996年から2020年までの24年間に、「ゲーム・オブ・ザ・イヤー」の称号を与えてきたタイトルを振り返る記事を投稿しました。年末っぽい記事ですね。
当時のレビュー付きで、なかなか面白い記事ですので紹介します。

1996年|ディアブロ

ディアブロはこの一年で出た最高のゲームであり、あなたはこの一本を買って手に入れるべきです。PCゲームが好きなら今すぐ店に走り、今後2年間は真似されそうなこのゲームを体験すべきだ。

1997年|Total Annihilation

あなたが標準的な形式を破ることなく、いくつかの新しい機能を追加したリアルタイム戦略ゲームを探しているならば、『Total Annihilation』はあなたのニーズを満足させるにはあまりにも外国人向けすぎるかもしれません。しかし、まったく新しいレベルで挑戦的でやりがいのあるゲームを探しているのであれば、本作は非常にお勧めです。

1998年|ゼルダの伝説 時のオカリナ、グリムファンダンゴ

『ゼルダの伝説 時のオカリナ』は本物です。10年後の今も語り継がれるであろう名作です。ニンテンドー64が発売されて以来、任天堂が謳ってきた「量ではなく質」を完全に体現したゲームです。一言で言えば「完璧」。それ以外の何かと呼ぶには、厚かましい嘘になるだろう。

『グリムファンダンゴ』の一つの本当の問題は、終わりが早すぎるということです。これは短すぎるからではなく(ほとんどの場合、2~3時間はかかるはず)、ゲームデザイナーがあなたが離れたくないような豊かな世界を作ったからであり、さよならを言うのが難しい記憶に残るキャラクターで満たされているからです。終わったときに悲しい気持ちになっても驚かないでください。

1999年|ソウルキャリバー、エバークエスト

『ソウルキャリバー』は格闘ゲームであり、かなり限定されたジャンルではありますが、格闘ゲームとしては心を奪われるほどの完成度を持っています。ナムコは最高のものをさらに良くしました。そのレベルの高さは、前例がないほどです。最先端のゲームだと思いますし、あらゆる面で絶対的に素晴らしい。この種のゲームとしては、『ソウルキャリバー』は文句なしの王者です。ゲーマーのコレクションには欠かせない作品でしょう。

土地を探索すること、モンスターを狩ること、死から逃れること……、これらすべてが『エバークエスト』の醍醐味ですが、誰かが一緒に冒険に参加してくれればいいのです。ほとんどすべての面で改善されているかもしれませんが、他の優れたオンラインRPGと同じように、このゲームもまだ完成されていません。そして、この種のゲームの中では最高のゲームであることは間違いありません。

2000年|クロノ・クロス、ザ・シムズ

スクウェアが別の大作の細部に至るまで苦心していたため、『クロノ・クロス』のチームはほとんど自分たちの手に委ねられていたようです。その結果、このゲームには最高の16ビットタイトルに見られるような熱狂的な情熱と生きる喜びを共有することができました。『クロノ・クロス』は予算はそれほど多くなかったかもしれないが、心は大きい。

『ザ・シムズ』が楽しくて興味をそそられるゲームではないと言っているわけではありません。『シムシティ』で街を完全にコントロールする感覚を楽しんだ人は、『ザ・シムズ』での家庭生活を楽しむことができるでしょう。また、そうでない人でも、『ザ・シムズ』の明るくてリアルなサウンド、そして細部にまでこだわったミニチュアの世界に夢中になることができるでしょう。

2001年|グランド・セフト・オートIII、シリアス・サム ファースト・エンカウンター

RockstarとDMA Designは、『グランド・セフト・オートIII』が高品質な製品であることを確実にするために時間を費やしており、グラフィック、サウンド、プロットポイント、ゲームプレイそのものに至るまで品質の高さが表れています。これまでのシリーズのゲームとは異なり、ストーリーに沿ってプレイしても、ミッションを無視して街中を大混乱に陥れても、とても楽しいゲームです。このゲームの暴力的な性質は確かに一部の人には不快感を与えるだろうし、子供は近づかない方がいいだろうが、『グランド・セフト・オートIII』は、単純に言えば、大人であれば誰もが見逃すことのできない素晴らしい体験です。

『シリアス・サム ファースト・エンカウンター』は、『Thief. The Dark Project』や『Deus Ex』のような、よりじっくりとしたストーリー重視のファーストパーソンゲームを好むプレイヤーには合わないかもしれませんが、それらのゲームのファンでも本作を試してみる価値があります。結局のところ、『シリアスサム』は、ゲームを楽しむために必要な要素とは何かを明確に教えてくれる作品です。才能ある開発チームによる文句なしに楽しいゲームです。

2002年|メトロイドプライム

本題に入りましょう。メトロイドプライムは、これまでのゲームキューブゲームの中で最高のゲームです。今年のどのプラットフォームでも最高のゲームの一つであり、任天堂の高い評価を得ている『メトロイド』シリーズの中では最高のゲームでもあります。

2003年|ゼルダの伝説 風のタクト

ゲーム後半のアイテム回収や、簡単なパズルやボス戦に少し気後れしている人もいるかもしれないが、『風のタクト』は見事なグラフィック、タイトな操作性、興味深いストーリーラインなど、あらゆる面で強力な成果を上げているといえるだろう。任天堂が1998年に開拓した場所からは遠く離れていないかもしれないが、ポリゴン世代で最も重要なゲームの1つに磨きをかけたことで、本作はそれ以前の『時のオカリナ』と同様に、必携のゲームとなっている。

2004年|World of WarCraft

一般的にオンラインゲームよりもオフラインゲームのほうが、緊密に織り成されたストーリーを提示するのに向いていました。しかし『World of Warcraft』では、何千人もの他のプレイヤーと交流することができる、巨大で進化した世界という文脈の中でこれを実現しており、そのことがゲームの進行をより意味のあるものにしています。これは、ゲームプレイヤーであることの特権を感じさせる見事な成果です。

2005年|バイオハザード4

『バイオハザード4』をプレイしていて、あるいは見ているだけでも最大の評価を得られるのは間違いありません。本作はできるだけ先入観を持たずに臨むべきゲームの一つです。基本的には、最近の大人向けアクションゲームを楽しまれていた方は、この作品には圧倒されることでしょう。それほど良いものです。

2006年|Gears of War

『Gears of War』は、豊富な武器、充実したマルチプレイ、アクション満載のストーリーモードを備えた素晴らしいゲームで、1年経った今もなお、他のゲームとは一線を画しています。初代ゲームのファンで追加コンテンツを探している人も、コンソール版に興味を持っているPCファンも、PC版『Gears of War』は時間とお金をかける価値のあるゲームです。

2007年|スーパーマリオ ギャラクシー

Wiiオーナーが待ち望んでいたゲームがここにあります。攻略のしやすさと難易度の高さを両立させた、奥深さと中毒性を兼ね備えたゲームです。『スーパーマリオ ギャラクシー』は、マリオの最高の冒険の一つであると同時に、配管工のファンならずとも楽しめるゲームでもあります。

2008年|メタルギアソリッド4:ガンズ・オブ・ザ・パトリオット

『メタルギアソリッド 4: ガンズ・オブ・ザ・パトリオット』は、これまでに作られたゲームの中で最も技術的に素晴らしい作品です。また、ゲームプレイとストーリーが見事に融合していて、どちらか一方を切り離すことが不可能なほどに美しく、そのメディア内でのストーリーテリングの巧妙さを見事に表現しています。最初にプレイしたときには「このままプレイし続けたい」と思いながらも、最後まで満足してしまうことでしょう。『MGS4』について語る際には、大げさないいかたになってしまいますが、そのデザインのすべての部分が妥協することなくビジョンを達成しているように見えるます。中途半端なものはありません。

2009年|Demon’s Souls

発見すべきことはたくさんあり、『Demon’s Souls』はあなた自身ですべてを解明することを望んでいます。このゲームは金ピカの大皿の上に答えを提供してくれるわけではありませんが、成功するための洗練されたインスピレーションに満ちたツールを多数提供してくれ、その驚異的で抑圧的な世界があなたに魔法をかけてくれます。真の革新性、公平でありながら容赦のない挑戦、そして一歩一歩が結果につながる心をつかむ探索を求めるなら、あなたは『Demon’s Souls』を待ち望んでいることだろう。

2010年|レッド・デッド・リデンプション

このゲームは、記憶に残りやすく、ときに笑いを誘うようなキャラクターたちと素晴らしいストーリーを語る優れたゲームです。スパゲッティ・ウエスタン映画の素晴らしい瞬間を20~40時間の壮大な長編にまとめ、自分が主演を務める姿を思い浮かべてみてください。これで『レッド・デッド・リデンプション』に何が待っているのかわかることでしょう。

2011年|The Elder Scrolls V:スカイリム

これまで『エルダー・スクロール』シリーズをプレイしたことがある人なら、不具合や奇妙な点があっても驚くことではないでしょう。それにもかかわらず、本作にはよりタイトな戦闘、より少ないバグ、より良いアニメーションなどの高品質なRPGの要素が詰め込まれています。似たようなゲームはあれど、これほどの巨大さもったゲームはありません。しかし、『スカイリム』はただ広いだけ、やることがたくさんあるというだけではなく、ドラゴンの翼を切り裂いたり、死者を生き返らせたり、錬金術のテーブルで実験したりと、そのほとんどが非常に優れています。

2012年|風ノ旅ビト

『風ノ旅ビト』は、従来のゲーム要素を非常にうまくまとめているのに、このメーカーに期待しているような、興味をそそられる実験的な作品に仕上がっています。ゲームの長さはクリアするだけなら2~3時間とちょうどよく、1回のセッションですべての体験を楽しむことができます。一度クリアした後は、好きな章に戻ることができるので、予想外の展開のインパクトがなくても、その面白さは尋常ではありません。その意図的な曖昧さは、より深い意味を求めたくなる衝動に駆られますが、ここでの推測は個人的なものであり、自分自身で発見するのが一番です。

2013年|ゼルダの伝説 神々のトライフォース2

見慣れたはずのものが、これほど新鮮で魅力的なものになるのは奇妙なことかもしれませんが、『神々のトライフォース2』はそんなユニークな体験になっています。任天堂が何十年も前に完成させた作品の周りでウイニングランをしているのではないか、という余韻が残るが、結局のところそんなことは関係ない。

2014年|シャドウ・オブ・モルドール

このゲームはそれ自体が素晴らしいゲームで、物語的にはバラバラだがメカニック的には健全で、素晴らしいパーツを素晴らしい方法でつなぎ合わせて構成されている。わたしは『シャドウ・オブ・モルドール』をプレイする前から、中つ国の未来がどうなっているのかをすでに知っていました。いつかまたこのような冒険をもたらしてくれることを願っています。

2015年|ウィッチャー3 ワイルドハント

『ウィッチャー2』が停滞していたのに対し、『ウィッチャー3』は常にクレッシェンド状態にあり、爆発的なフィナーレを迎えて静かな結末の輝きの中で立ち直るまで、常に上昇し続けるシナリオを作り上げています。しかし、壮大な争いは人を魅了しますが、争いの合間に地元の一族と酒を飲み、トロバイリッツの歌に酔いしれる瞬間は本当に感動的です。

2016年|オーバーウォッチ

『オーバーウォッチ』は洗練されたカオスの修行です。慌ただしい表面の下には何層ものレイヤーが隠れており、プレイしていくと次々と現れてきます。これは驚きのシューターであり、素晴らしいアイデアを組み合わせて壮大なものに仕上げている。

2017年|ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

どんなに豪華な環境でも、どんなに賢い敵でも、どんなにトリッキーなパズルでも、何十時間経っても新しいルールや可能性に驚かされ続けるのが『ブレス オブ ザ ワイルド』の最大の特徴です。このゲームはだんだんと力がついてきていると感じられても、チャレンジ精神と神秘性を維持していて、それが相まって一貫した満足感を生み出しています。『ブレス オブ ザ ワイルド』は、『ゼルダの伝説』シリーズの決定的な瞬間であり、任天堂がこれまでに作ったゲームの中で最も印象的な作品です。

2018年|レッド・デッド・リデンプション2

前作『レッド・デッド・リデンプション』がジョン・マーストンの物語に主眼を置いていたのに対し、本作はヴァン・デル・リンデ・ギャング全体のことを描いている。アーサーについても描かれているが、ギャングを見るためのレンズとして、彼の非常に厄介な物語がより大きな物語を支えている。いくつかのイライラするシステムや予測可能なミッションは、そのストーリーをクリアして理由を理解するには忍耐が必要だ。『レッド・デッド・リデンプション2』は優れた前日譚でありながら、それ自体が感情的で示唆に富んだ物語でもあり、終わった後にはなかなか離れることができない世界だ。

2019年|Sekiro: Shadows Die Twice

1 対 1 の激しいボス戦では度胸が試され、ゆっくりとしたペースのステルスセクションでは、自分のペースで戦闘を進めることができる。その編成は見事です。フロム・ソフトウェアは、ゲームのやり込み要素に見られる固有の緊張感に磨きをかけ、それを驚くほどの要素に仕上げています。『Sekiro』は独自のゲーム性とステルスアクションを融合させ、やりがいがあると同時に満足感のある体験を提供しています。

2020年|Half-Life: Alyx

『Half-Life. Alyx』は、VR化を成功させただけではなく、『Half-Life』の多くの側面を向上させました。これまでのゲームほど大げさではないかもしれませんが、VRとの親和性はゲームの世界をより身近なものにしてくれます。最初の驚きが去ったあとも、そのゲームプレイは輝きを放っています。そして、ゲームの最高の瞬間のひとつとして、VRの概念を超えた忘れられない何かをあなたに与えてくれます。


『ゼルダの伝説』シリーズが4本も入っていて、なんと3DSの『神トラ2』も受賞しています。
遊んだことがないタイトルも何本かあったので、機会があったらさわってみたいです。『クロノ・クロス』って今世代機で遊べますか?

参考記事

ゲーム関連ニュースカテゴリの最新記事