『デビル メイ クライ 5』ディレクターの伊津野英昭氏が次のゲームについて語る

『デビル メイ クライ 5』ディレクターの伊津野英昭氏が次のゲームについて語る

『デビル メイ クライ 2』以降シリーズの主要作品すべてを手掛けてきた伊津野英昭氏が、新たなプロジェクトが順調に進んでいることを明かしました。

1月1日、伊津野氏は新年の挨拶をTwitterに投稿しました。投稿では開発チームの写真と『デビル メイ クライ 5』の新DLCの宣伝とともに、チームが新しいプロジェクトに取り組んでいることが明かされました。

シリーズのファンは『デビル メイ クライ 6』を期待するかもしれませんが、新作が2019年初頭にリリースされたばかりだということ、その前が2013年の『DmC: Devil May Cry』で、ナンバリングタイトルの『デビル メイ クライ 4』にいたっては2008年発売だったことを考えると現実的ではありません。


昨年9月頃に話題になった噂で、伊津野氏がREエンジンを使ったオープンワールドゲームを開発中、というものがありました。オープンワールドということから『ドラゴンズドグマ』の続編の可能性が指摘されています。NETFLIXのアニメもあったことから、『ドラゴンズドグマ』が活発なことは確かなようです。

参考記事

ドラゴンズドグマ:ダークアリズン -Switch新品価格
¥5,270から
(2021/1/4 10:14時点)
Devil May Cry 5 Best Price新品価格
¥3,391から
(2021/1/4 10:15時点)

ゲーム関連ニュースカテゴリの最新記事