Switchは2020年イギリスでほかのハードすべての合計より売れていた‼

Switchは2020年イギリスでほかのハードすべての合計より売れていた‼

ある報告によると、Switchは昨年イギリスで、すべての主要なハードを合わせた合計よりも売れていたことが判明しました。※翻訳記事です。

次世代機の登場によって激動の年となった2020年ですが、冷静になってみると結局Switchが一番売れたハードであり、それは多くの人が予測していました。しかし、他のハードの合計より売れるとは誰も予想できませんでした。

GamesIndustry.bizのトップであるChristopher Dring氏が、最近のツイートで、Switchが2020年イギリスでモンスター級の数字を示したことを報告しました。

昨年UKで売れたすべてのPS5、すべてのPS4、すべてのXbox Series、すべてのXbox Oneを足していくと…、あなたはSwitchの売上を知ることができる。

ようするに、2020年のすべてのソニーとマイクロソフトのハードの合計とSwitchの販売数が同じくらいの数になるとのことです。

イギリスでなぜこれだけSwitchだけが売れたのでしょうか?
一つは新型コロナウイルスのせいだと主張することもできますが、任天堂もソニー、マイクロソフトも条件は同じです。もう一つは次世代機の数が不足していたことで、ホリデーシーズンにSwitchを購入するひとが多かったことです。また、『あつまれどうぶつの森』のようにこの年にうってつけのゲームが発売されたこともあるかもしれません。

いずれにしてもこれは驚くべきことです。Amazonでのゲーム売上に関しても、英米両方で任天堂が圧倒的なシェアを占めています。前述の『どうぶつの森』や『スーパーマリオ3Dコレクション』、『マインクラフト』などが好調でした。

イギリスという国は決して任天堂が強い国ではありませんでしたが、2020年は明らかに任天堂一強でした。アメリカで22ヶ月以上連続で最も売れたゲーム機となり、かつてXbox 360が保持していた記録を更新。カナダでも2年以上に渡ってSwitchが最も売れたゲーム機となるなど、次々と記録を更新しています。
多くのファンが「Switch Pro」の発売を期待している一方で、標準的なSwitchとSwitch Liteはまだ非常に売れており、任天堂は市場にコンソールを追加する必要はありません。

Dring氏の示した売り上げは小売情報に基づいたものだと思われます。年度末に任天堂が公式な情報を出せば、より具体的な台数が明らかになるでしょう。


イギリスではPS5もXbox Seriesも潤沢に用意され、史上最大のローンチ売り上げになったと報告されています。記事中にもあるようにイギリスはソニー王国で、PlayStationが強い国です。それが今回のようにSwtichが「すべてのハードの合計」に勝つというのは信じがたく、記事でもまともな考察ができていません。

Switchが売れてきているので、EAはそろそろSwitch版の『FIFA』をまともに作ったほうがいいと思います。

参考記事

あつまれ どうぶつの森 -Switch新品価格
¥4,960から
(2021/1/8 16:04時点)
Minecraft (マインクラフト) – Switch新品価格
¥2,867から
(2021/1/8 16:05時点)
スーパーマリオ 3Dコレクション -Switch新品価格
¥5,349から
(2021/1/8 16:05時点)

Switchカテゴリの最新記事