【ソフトTOP30&ハード週間販売数】が公開、PS5が出荷増量で2万6000台販売‼

【ソフトTOP30&ハード週間販売数】が公開、PS5が出荷増量で2万6000台販売‼

ファミ通のソフトトップ30&ハード週間販売数(1/25~1/31)が発表されました。PS5が多めに出荷されたのか販売数を伸ばしています。とはいえまだまだ需要をカバーできていません。

ソフト販売本数TOP10

順位前回タイトル販売本数対応機種
11桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~79362本
(累計178万9756本)
Switch
22リングフィット アドベンチャー42124本
(累計231万6011本)
Switch
33あつまれ どうぶつの森25151本
(累計660万6006本)
Switch
4New魔界戦記ディスガイア623551本
(累計23551本)
Switch
54マリオカート8 デラックス17503本
(累計363万8441本)
Switch
6New魔界戦記ディスガイア615761本
(累計15761本)
PS4
75大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL11220本
(累計413万3863本)
Switch
86Minecraft10546本
(累計179万7233本)
Switch
97世界のアソビ大全5110411本
(累計62万3205本)
Switch
108スプラトゥーン29514本
(累計376万2719本)
Switch

今回もトップの座を守った『桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~』が11週連続1位と記録を塗り替え続けています。ファミ通では累計178万本ですが、コナミ公式発表で累計販売本数が250万本を突破したことがわかりました。また、YouTubeの『桃鉄』関連動画の総再生数が1億4,500万回を突破したそうです。まさにブームがブームを呼んでいる状態でまだまだ売れ続けそうです。

桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番! ~新品価格
¥5,160から
(2021/2/5 11:27時点)

今週ようやく定番ソフト群に風穴を開けるタイトルが登場しました。『魔界戦記ディスガイア6』が2機種ともランクインで合計3.9万本です。Switchでは前作の『魔界戦記ディスガイア5』が初週5000本ほどだったので、別機種からユーザーが流れてきていることがわかります。PS4版はメインハードでしたがSwitch版に差をつけられてしまいました。SRPGというジャンル的にSwitchで遊びたいユーザーが多かったようです。ただ、パフォーマンス的にはPS4に軍配が上がるようです。

魔界戦記ディスガイア6 – Switch新品価格
¥6,380から
(2021/2/5 11:32時点)
魔界戦記ディスガイア6 – PS4新品価格
¥6,473から
(2021/2/5 11:32時点)

ソフト販売本数11位〜30位

11位以降で気になるのは初登場13位の『バディミッション BOND』です。コーエーテクモゲームスのルビーパーティー開発・任天堂発売でしたが、大きくプロモーションされず、ネット中心のプロモーション展開でした。6056本と寂しいデビューですが、体験版を遊んだところアドベンチャーゲームの進化系ともいえるテンポのいい演出で、キャラクターデザインに漫画家を起用した狙いがばっちりはまっていました。口コミで伸びていってほしいタイトルです。ちなみに遊んだかぎり乙女ゲーム感はなかったです。

バディミッション BOND -Switch新品価格
¥5,600から
(2021/2/5 11:43時点)

下位には『うみねこのなく頃に咲 〜猫箱と夢想の交響曲〜』『Re:ゼロから始める異世界生活 偽りの王戦候補』『ぎゃる☆がんリターンズ』などの初登場タイトルが並びますが、どれも数千本の売り上げです。ただし消化率は悪くないので想定通りなのだと思います。

これらに埋もれるように『メルヘンフォーレスト』Switch版が2686本を販売し28位スタートとなりました。スマホで人気を博したタイトルのコンシューマーリメイク版です。ゲームメディアで推されていたのですが、少し物足りない数字となりました。

Nintendo Switch メルヘンフォーレスト 通常版新品価格
¥3,178から
(2021/2/5 12:55時点)
PlayStation4 メルヘンフォーレスト 通常版新品価格
¥3,075から
(2021/2/5 12:55時点)

ハード販売台数

  • Switch/87463台(累計1496万4665台)
  • Switch Lite/26707台(累計325万1098台)
  • PS5/23619台(累計26万9576台)
  • PS5 デジタル・エディション/2329台(累計57994台)
  • Xbox Series X/562台(累計26128台)
  • Xbox Series S/537台(累計7222台)
  • PS4/3854台(累計775万544台)
  • PS4 Pro/19台(累計157万5600台)
  • Newニンテンドー2DS LL/588台(累計115万3594台)

ハード販売台数はSwichが合計11.4万台と今週も勢いが落ちません。『桃鉄令和』と一緒に買われているのかもしれません。Switch LiteがWii Uの販売台数を追い抜いたという記事を書きましたが、そのままどんどん差を広げていきます。すでにSwitchを持っている家庭で2台目として買われているようです。

関連記事:【悲報】Switch Liteが発売から15ヶ月でWii Uの販売台数を上回る

一方のPS5は合計25948台を売り上げました。先々週の7328台、先週の17348台からステップアップしています。とはいえそもそもが少なすぎるのであまり喜べる数字ではありません。
前世代機のPS4は役目を終えたとばかりに3000台にとどまり続けています。「PS5が手に入らない代わりにPS4を」とはならないようです。

ゲーム関連ニュースカテゴリの最新記事