『サイレントヒル』で音楽を手掛けた山岡晃氏が新たな発表を控えている模様

『サイレントヒル』で音楽を手掛けた山岡晃氏が新たな発表を控えている模様

『サイレントヒル』の音楽を手掛けたことで有名な作曲家・山岡晃氏がインタビューに答え、2021年に大きな発表を控えていることを明かしました。

山岡氏はこのところ非常に忙しくしているようで、いくつかの注目タイトルに参加しています。最近ではXbox Series X/SとPCでリリースされた『Medium』で音楽を担当し、発売前レビューで高評価を得ています。

その山岡氏は2021年に、ゲーム業界、さらには『サイレントヒル』をも巻き込むような発表をする可能性があるようです。アラビア語コンテンツクリエーターBoJrayed氏とのインタビューで、山岡氏は2021年の夏にファンが期待しているような発表があるかもしれないと語りました。

以前からPS5で新作が開発されているという噂が流れていましたので、ファンとしては当然『サイレントヒル』を思い浮かべると思います。噂を裏付ける情報はなにもなかったので、今回の発言で新作への期待が高まったかもしれません。

噂のなかには小島秀夫氏が開発に加わっているというものもありました。山岡氏と小島氏が再びタッグを組むとしたらファンにとって朗報ですが、小島氏とコナミとの関係を考えるとこれは難しいでしょう。

山岡氏はプロジェクトに関してそれ以上語ることはなく、インタビューは『Medium』に焦点を当てています。


『サイレントヒル』は海外での人気が高く、シリーズ関係者の動向はすぐに『サイレントヒル』と紐付けて捉えられる傾向があります。山岡さんは『ビートマニア』『ダンスダンスレボリューション』『ポップンミュージック』のコンポーザーとしても有名なので、もしかしたらそちらのタイトルかもしれません。

参考記事

ゲーム関連ニュースカテゴリの最新記事