【ソフト&ハード週間販売数】が公開、PS5デジタルエディションがやばい…

【ソフト&ハード週間販売数】が公開、PS5デジタルエディションがやばい…

ファミ通のソフト&ハード週間販売数トップ10(2/1~2/7)が発表されました。2月最初の週の集計分です。久しぶりのPS5ソフト『仁王2 Complete Edition』が発売されましたがトップ10に入れたのでしょうか?

ソフト販売本数TOP10

今週先週タイトル販売本数対応機種
11桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~56283本
(累計184万6039本)
Switch
22リングフィット アドベンチャー30087本
(累計234万6098本)
Switch
33あつまれ どうぶつの森19020本
(累計662万5026本)
Switch
45マリオカート8 デラックス17699本
(累計365万6140本)
Switch
57大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL12040本
(累計414万5903本)
Switch
68Minecraft9692本
(累計180万6925本)
Switch
710スプラトゥーン28619本
(累計377万1338本)
Switch
811ポケットモンスター ソード・シールド8298本
(累計 395万5554本)
Switch
99世界のアソビ大全517704本
(累計63万909本)
Switch
10New仁王2 Complete Edition6523本
(累計6523本)
PS4

12週連続で1位の『桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~』。発売から2ヵ月半首位だったことになります。しかし次週は『スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド』が発売となるので、ここで記録はストップとなるかもしれません。

桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番! ~新品価格
¥5,230から
(2021/2/12 00:06時点)
スーパーマリオ 3Dワールド フューリーワールド -Switch新品価格
¥5,673から
(2021/2/12 00:06時点)

2位以下はおなじみのSwitchタイトルが並びますが、10位に『仁王2 Complete Edition』のPS4版がなんとか引っかかり、Switchのランキング独占を阻止しました。PS5版は残念ながらランクインできず、販売本数はPS4版の6523本以下が確実となってしまいました。30位までには入れるのでしょうか? というかPS4版も問題がある売り上げですね。

仁王2 Complete Edition新品価格
¥5,218から
(2021/2/12 00:10時点)
仁王 Remastered Complete Edition新品価格
¥4,531から
(2021/2/12 00:12時点)

ハード販売台数

  • Switch/64917台(累計1502万9582台)
  • Switch Lite/23568台(累計327万4666台)
  • PS5/13142台(累計28万2718台)
  • PS5 デジタル・エディション/382台(累計58376台)
  • Xbox Series X/106台(累計26234台)
  • Xbox Series S/208台(累計7430台)
  • PS4/3212台(累計775万3756台)
  • PS4 Pro/17台(累計157万5617台)
  • Newニンテンドー2DS LL/824台(累計115万4418台)

ハード販売は今週もSwitchが首位となり、合計8.8万台となりました。先週が11.4万台だったのでかなり落ち込みましたが、3月の『モンスターハンター ライズ』でまた盛り上がりそうです。

PS5はまたも数を用意できず合計1.3万台にとどまりました。ちなみに先週は約2.6万台でしたのでちょうど半減したかたちです。注目すべきはデジタル・エディションの382台という数字です。Xboxくらいしか売れておらず、2DSの半分にも届いていません。
これは出荷されなかったということではなく、デジタル・エディションが選ばれていないからだと思われます。実際に店頭でデジタル・エディションが売れ残っているという報告がTwitterにあがっていました。やはり日本ではパッケージ版が強いようです。PSソフトがすぐに値下がりすることと、中古に安く出回ってしまうためだと思われます。ストレージの問題もあるかもしれません。

ファミ通のサイトではこれについてなにもコメントがなく、品薄状態が続いていると書かれているのみです。

その他カテゴリの最新記事