【スマホ】『FF7』関連作品が2作発表‼ バトロワRPGとコンピレーション全部入りアプリ

【スマホ】『FF7』関連作品が2作発表‼ バトロワRPGとコンピレーション全部入りアプリ

『FF7』関連作品が2作発表されました。バトルロワイヤルにRPG要素を足した『ファイナルファンタジーVII ザ ファーストソルジャー』、『FF7』本編とそのスピンオフ作品を章立てで全部遊べる『ファイナルファンタジーVII エバークライシス』です。

関連記事:スクウェア・エニックスが『ファイナルファンタジーVII リメイク』続編の商標を取得か?

ファイナルファンタジーVII ザ ファーストソルジャー

『ファイナルファンタジーVII ザ ファーストソルジャー』は『FF7』シリーズの新たなシリーズタイトルで、なんとバトルロイヤル形式のアクションゲームです。iOS/Androidで2021年内配信予定とのこと。

本作の舞台はソルジャーがまだいない最初期のミッドガルとなっていて、プレイヤーはソルジャー候補生となって訓練に参加していきます。ゲームにはソロ戦と3人一組のチーム戦があり、最後の一人、もしくな1チームを目指します。

モンスターを討伐することによってレベルが上がるなどのRPG要素があり、そこが独自要素のようです。レベル差によって新規プレイヤーが参入しづらいのでは、という質問に野村氏は「バトロワ系ゲームの楽しみの一つであるアイテム収集の一環にモンスター討伐による“レベル上げ”というRPG要素を加えることで、寧ろライトなユーザーこそ準備の成果としてバトルを楽しめるような作りとなっています」と答えています。初心者はとにかくレベル上げ、ということになりそうです。

スクウェア・エニックスは『FFタクティクス』、『ドラクエモンスターズ』、『ドラクエビルダーズ』などに顕著ですが、人気のゲームシステムに自社IPのガワをかぶせることが得意です。本作もスクエニ流にとっつきやすいアレンジをしてくれそうです。

ファイナルファンタジーVII エバークライシス

『ファイナルファンタジーVII エバークライシス』はオリジナル『FF7』とそのスピンオフ作品を章立てでたどれるRPGです。こちらもiOS/Androidでの配信となり、2022年配信開始予定とのこと。

本作は従来のRPG方式で、フィールドは固定見おろし視点、戦闘は別画面に切り替わってのコマンドバトルとなります。オリジナル『FF7』をPS2でリメイクしていたらちょうどこんな作品になったのではないでしょうか?
野村氏もインタビューで「「こういうのでいいんだよ」にお答えした、もう一つのリメイクの形です」と語っています。

ゲームは章立てということで章ごとに購入する形になると思われます。ストーリーが今までのスピンオフに加えて今回発表された『ザ ファーストソルジャー』まで網羅しているので膨大なボリュームになりそうです。ちなみに『FS』のシナリオは「野島さんにしっかりと書いて頂いていますのでお楽しみに」とのこと。

バトルシステムは本作用のオリジナルで、アクティブタイムバトルをベースにしているそう。またマテリアシステム、召喚獣、リミットブレイクなど『FF7』のバトルを踏襲しているようです。


AC、BC、CC、DCにEC、FSが加わりましたね。もうスクエニの語彙力では「C」を付けるのがしんどくなってきたのでしょうか。どちらもコンソールで遊びたいところですが、どんな理由からかスマホ版のみとなっています。

バトロワゲームはまだいいのですが、RPGをスマホで遊ぶのって面倒くさく感じてしまいます。スマホでYouTubeやラジコを流しながら家庭用機でレベル上げするのが理想です。

ゲーム関連ニュースカテゴリの最新記事