『ポケモン ダイパリメイク』開発のILCAってどんな会社?

『ポケモン ダイパリメイク』開発のILCAってどんな会社?

発表された『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド/シャイニングパール』の開発を手掛ける株式会社ILCAについていくつかの歴史を紹介します。

「Pokemon Presents 2021.2.27」でついに発表された『ポケモン ダイアモンド/パール』のリメイク『ブリリアントダイヤモンド/シャイニングパール』。ゲームフリーク本体が『Pokémon LEGENDS アルセウス』に取り組んでいるためか、クラウドストレージアプリ『ポケモンHOME』を開発した株式会社ILCA(イルカ)が手掛けることになりました。

今回のリメイクはオリジナル版のサイズ感を再現しているため、グラフィックにわかりやすい進化が見られず、「リマスター」などと揶揄されています。これを不安視した一部のファンが、開発のILCAがゲーム制作に慣れていないからではないかと騒いでいるようです。

確かにあまり耳慣れない社名ですよね。ではこの会社はいったいどういった作品を手掛けてきたのでしょうか?

株式会社ILCA Inc.は東京に本社を置く日本の会社で、新宿、名古屋、京都にオフィスを構えています。2010年にアニメ、映画、テレビを中心としたCG制作会社として設立され、ゲーム開発も手掛けています。2020年12月1日現在の従業員数は288名。社名の由来は”I Love Computer Art “の頭文字をとったとのこと。

https://www.ilca.co.jp/

ポケモンシリーズでは前出の『ポケモンHOME』を開発しています。

これまでにサポートしたおもなプロジェクトは、『龍が如く0』、『ドラゴンクエスト11』、『NieR:Automata』、『NARUTO-ナルト-疾風伝:アルティメットニンジャストーム4』、『エースコンバット7:スカイズアンノウン』、『CODE VEIN』などがあります。ただ、多くはグラフィック関係のサポートのようです。その他にもARタイトルやVRゲーム、スマホアプリなども手掛けています。

今回のリメイクに関して以下のようなPRが発表されています。(英語版の翻訳)

『ポケモン ブリリアントダイヤモンド』と『ポケモン シャイニングパール』は、ファンが『ポケモン ダイヤモンド』と『ポケモン パール』のオリジナルストーリーとゲームの特徴を新鮮な方法で体験することを可能にします。オリジナルゲームを忠実に再現し、ニンテンドースイッチ向けに色鮮やかに蘇りました。

街や道のスケール感は丁寧に再現されており、オリジナルゲームをプレイしていたファンなら見覚えのある場所も多いはずです。近年のポケモンコアシリーズのゲームで導入されている、わかりやすく、プレイヤーに優しい利便性に加えて、間近で見られるポケモンのバトルシーンなどもアップデートされています。

また、同社は2月25日から「事業の拡大に伴い、ゲームクリエイターを大募集」し始めました。今回のリメイクはその第一歩となるのかもしれません。


よく知られた大作を手掛けている会社のようですね。ただしこれまではグラフィックや映像協力ばかりのようなので、大作ゲームをまるごと手掛けるのは初めてなのかもしれません。ファンの予感があたっている面もありますね。ですが増田さんがディレクターをしているのでゲーム内容は問題ないでしょう。

『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド/シャイニングパール』は2021年冬発売を予定しています。

参考記事

ポケットモンスター シールド エキスパンションパス -Switch (【購入特典】・モンスターボール 100個・「着せ替えアイテム 5点 ピカチュウユニフォームセット」・「着せ替えアイテム 5点 イーブイユニフォームセット」 同梱)新品価格
¥9,600から
(2021/3/1 17:20時点)
ポケットモンスター シールド エキスパンションパス -Switch (【購入特典】・モンスターボール 100個・「着せ替えアイテム 5点 ピカチュウユニフォームセット」・「着せ替えアイテム 5点 イーブイユニフォームセット」 同梱)新品価格
¥9,600から
(2021/3/1 17:21時点)
ポケモン不思議のダンジョン 救助隊DX -Switch新品価格
¥3,600から
(2021/3/1 17:20時点)

Switchカテゴリの最新記事