『オーバーウォッチ』の次世代機アップデート版、PS5をスキップか?

『オーバーウォッチ』の次世代機アップデート版、PS5をスキップか?

『オーバーウォッチ』のXbox Series X/S向けアップデートが実施され、新たなグラフィックモードが追加されました。しかしPS5向けには提供されず、スケジュールも発表されませんでした。これにはPS側の問題があると指摘されています。

Blizzardの人気ヒーロー・シューター『オーバーウォッチ』は次世代機アップデートとしてXbox Series X/Sに最適化されました。これによってプレイヤーは3つのグラフィックモードを選択できます。解像度とフレームレートのどちらを優先させるか、ユーザーの好みや対応モニターの有無でバランスを選べます。

冒頭でも記したようにBlizzardは今回PS5向けのアップデートのみならず、その計画すら発表しませんでした。パッチノートにはXbox Series X/S向けの機能強化だけが記載されています。
この理由としてPS系ゲームメディア・Push Squareは「ソニーの問題が再び顕在化した」と指摘しています。

これはソニーがPS5版、PS4版のゲームを取り扱う際の欠陥に起因しています。本来であれば拡張処理をできるハードのはずなのに、Blizzard社はネイティブなPS5版を制作する必要があります。これは『Days Gone』や『Ghost of Tsushima』のように、ゲーム機の発売後に行われたものとは異なります。

Psyonix社のシニアコミュニケーションマネージャーであるStephanie Thoensen氏はこのように述べています。「PS5で120Hzを実現するためには、後方互換性を実現するために完全なネイティブポートが必要となります」

Push Square

つまりXbox Series X/Sのアップデートとは違い、PS5ではPS5用のネイティブ版を開発する必要があり、大きな工数がかかるということのようです。いずれはPS5版がリリースされるとは思いますが、それには時間がかかりそうです。


PS5ユーザーとしてはせっかくの新ハードに完全対応してほしいと思うのは当然ですが、続編『オーバーウォッチ2』が近く発表されるという噂もあるので、今あえて旧作に予算をかけてPS5版を作るか微妙なところですね。

互換という点では、ようやく重い腰を上げたソニーとは違い、それなりに時間をかけてきたXbox側に軍配が上がるようです。

『オーバーウォッチ』はPC、PS4、Switch、Xbox One、Xbox Series X/Sで発売中です。

参考記事

オーバーウォッチ レジェンダリー・エディション -Switch新品価格
¥5,880から
(2021/3/11 16:01時点)
オーバーウォッチゲームオブザイヤー・エディション – PS4新品価格
¥7,880から
(2021/3/11 16:01時点)

PS5カテゴリの最新記事