GBA20周年で『MOTHER3』がTwitterのトレンドに。愛のあるファンアート、ミームで溢れる

GBA20周年で『MOTHER3』がTwitterのトレンドに。愛のあるファンアート、ミームで溢れる

ゲームボーイアドバンス発売20周年に関連して、『MOTHER3』のファンがTwitterでファンアート、ミーム、思い出話しで盛り上がり、トレンドに入りました。

任天堂が保有する数多くのIPのなかで『MOTHER』は特殊なシリーズです。『マリオ』、『メトロイド』などとくらべるとニッチながら、世界でカルト的な人気を誇っています。日本では3作発売されていますが、海外では『EarthBound』のタイトルで『MOTHER2』が発売されただけで、初代『MOTHER』は発売から26年後にようやくローカライズされ、Wii Uのバーチャルコンソールのみで配信されました。『MOTHER3』にいたっては長年ファンが声をあげ続けているにも関わらずローカライズは実現されていません。一部のファンはしかたなく非公式のエミュレーターでプレイしているようです。その『MOTHER3』の主人公リュカは『大乱闘スマッシュブラザーズ For Wii U/3DS』からファイターとして参戦しています。

人気のミームはリュカを「キャプテンアンダーパンツ(日本ではスーパーヒーロー・パンツマン)」シリーズのハロルドに例えたミームです。また、キャラクターたちのピクセルアートも多く投稿されています。

『MOTHER3』は今年で15周年を迎えたり、生みの親である糸井重里氏のサイト「ほぼ日」では「MOTHER PROJECT」としてさまざまなイベントが行われています。任天堂がこのシリーズに関して何か発表を行うことが期待されています。

参考記事

任天堂カテゴリの最新記事