『ピクミン』ARアプリの詳細がリーク。日々の移動を色付けしてくれるアプリ

『ピクミン』ARアプリの詳細がリーク。日々の移動を色付けしてくれるアプリ

先日発表されたナイアンティックと任天堂が共同開発する『ピクミン』のモバイルアプリの詳細が報告されました。VGCによると本アプリは現在シンガポールでベータ版がテストされていて、そこからの情報のようです。

関連記事:次は『ピクミンGO』? ピクミンを起用したアプリが開発中。宮本茂氏のコメントも到着

アプリの基本プレイ

アプリではプレイヤーはまずアイテムバッグの中にいくつかの「ピクミンの苗」を受け取ります。苗はアプリを起動して歩くことによって発生するエネルギーを吸収して成長し、必要なエネルギーが貯まると摘み取ることができるようになります。摘み取ったピクミンは手動または自動で名前が付けられます。

ピクミンは7種類存在し、特定の場所では「デコピクミン」が登場します。7種の内訳は「赤ピクミン」「青ピクミン」「黄ピクミン」「紫ピクミン」「白ピクミン」「岩ピクミン」「羽ピクミン」のようです。デコピクミンはその場にちなんだ衣装を着ている変わったピクミンです。「大きな種」から育てたり、手持ちのピクミンが特定の場所で触れ合うことでデコピクミンになることもあるとか。

プレイヤーは現実世界を歩いていると新しい苗を発見し、ピクミン部隊は途中で果実などのアイテムを拾うことがあります。拾ったフルーツをネクターに変換してピクミンに与えると花が咲き、タップするとその花びらを集めることができます。この花びらを使って「花植えモード」を楽しむことができます。「花植え」は歩きながら花の道を作っていくモードで、苗が見つけやすくなったりアイテムバッグの苗の成長が早くなるなどのメリットがあります。

「遠征」と「ポストカード」

その他のおもなモードに「遠征」があります。これはピクミンを過去に訪れたことがある場所に飛ばして苗などのアイテムを集めるモードです。プレイヤーは遠征させたいピクミンを選び、収集したいアイテム、所要時間、出撃数を決めます。

「ポストカード」は遠征に送り出したピクミンが拾ってくることがあるアイテムです。このポストカードは世界中の『ポケモンGO』や『Ingress』プレイヤーが投稿した実在する場所の写真の中から、ピクミンの遠征の様子を撮影したデジタル記念品です。

また、本アプリには毎日のプレイを促すための機能が多く搭載されているようです。その中のひとつ「ライフログ」では、プレイヤーは日々の活動を写真やテキストで記録することができます。また、一日の終りには「振り返り」が自動生成されます。ここでは訪れた場所や歩いた歩数、花を植えた場所など一日の進捗状況をアニメーションで振り返ることができます。一日にたくさん歩いたプレイヤーは特別なミニゲームをプレイすることができ、アイテムを手に入れられるチャンスがあります。

現在のところ課金要素はないようですが、正式リリースに合わせて追加されるでしょう。


宮本さんはこのアプリのことを「楽しく歩くことをテーマに、ゲームとは異なる新しい分野での体験」と表現しています。ごりごりにスマホゲームを遊ぶ人向けではなく、公開されているイメージ画像のように、散歩や日々の移動にちょっと味付けをしてくれる素敵なアプリになりそうです。

参考記事

ピクミン3 デラックス -Switch新品価格
¥4,859から
(2021/3/30 23:38時点)

任天堂カテゴリの最新記事