【ソフト&ハード週間販売数】『モンハンライズ』が130万本‼ Switch本体を26万台牽引

【ソフト&ハード週間販売数】『モンハンライズ』が130万本‼ Switch本体を26万台牽引

ファミ通のソフト&ハード週間販売数トップ10(3/22~3/28)が発表されました。注目の『モンスターハンターライズ』はSwitch本体も大きく牽引しました。そしてなぜかPS5も販売数を大きく伸ばしました。

ソフト販売本数TOP10

今週先週タイトル販売本数対応機種
1Newモンスターハンターライズ130万2132本
(累計130万2132本)
Switch
21スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド37166本
(累計59万2683本)
Switch
3New五等分の花嫁∬ ~夏の思い出も五等分~20374本
(累計20374本)
Switch
43桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~20179本
(累計207万2296本)
Switch
56マリオカート8 デラックス13207本
(累計375万1594本)
Switch
65リングフィット アドベンチャー12632本
(累計247万9573本)
Switch
79あつまれ どうぶつの森11145本
(累計671万861本)
Switch
810Minecraft11096本
(累計187万2739本)
Switch
9New五等分の花嫁∬ ~夏の思い出も五等分~10378本
(累計10378本)
PS4
108大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL10270本
(累計421万8939本)
Switch

26日に発売された『モンスターハンター ライズ』は集計2日で130.2万本を売り上げ堂々の1位です。ダウンロード率が高かったことが海外の事情通から伝えられていましたが、パッケージのみでも大きな数字となりました。ちなみに前作『モンスターハンター ワールド』は初週135万本だったので、シリーズとしては微減となりました。これはダウンロード率やパッケージ出荷本数が関係していると思われます。実際にオンラインショップや都市部の家電量販店、ゲーム販売店では売り切れとなっていました。今後コンテンツが追加されていくので販売推移にも注目したいです。

【発売日(2021年3月26日)以降のお届け分】モンスターハンターライズ -Switch (【数量限定特典】「オトモガルク」と「オトモアイルー」の重ね着装備など 同梱)新品価格
¥7,573から
(2021/4/1 23:31時点)

 先週まで1位だった『スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド』はスライドして2位に移りましたが、販売数はほぼ変わらず3.7万本でした。短い短いと言われていた「フューリーワールド」でしたが、クリアまで遊んでみたところ確かにコンパクトではありましたが満足感が大きかったです。ストーリークリア時で完全クリアまで50%となりますのでまだまだ遊べます。

スーパーマリオ 3Dワールド フューリーワールド -Switch新品価格
¥5,260から
(2021/4/1 23:34時点)

3位には初登場の『五等分の花嫁∬ ~夏の思い出も五等分~』Switch版。PS4版も9位に食い込んでいます。原作人気もあって両機種ランクインです。売り上げはSwitch版が2倍の差を付けています。これはファン層が移動してきたことと、ゲーム性から携帯して場所を選ばず遊びたいという選択があったと思われます。

五等分の花嫁∬ ~夏の思い出も五等分~ – Switch新品価格
¥8,152から
(2021/4/1 23:40時点)
五等分の花嫁∬ ~夏の思い出も五等分~ – PS4新品価格
¥7,018から
(2021/4/1 23:40時点)

先週初登場した『電車でGO!! はしろう山手線』、『ジャックジャンヌ』、『Apex Legends チャンピオンエディション』は早くもトップ10から脱落となってしまいました。

ハード販売台数

今週

  • Switch/19万133台(累計1555万8365台)
  • Switch Lite/77364台(累計352万6983台)
  • PS5/51931台(累計48万5476台)
  • PS5 デジタル・エディション/10364台(累計94735台)
  • Xbox Series X/432台(累計30636台)
  • Xbox Series S/847台(累計9373台)
  • PS4/2174台(累計777万5056台)
  • PS4 Pro/15台(累計157万5723台)
  • Newニンテンドー2DS LL/933台(累計116万124台)

先週

  • Switch/52579台(累計1536万8232台)
  • Switch Lite/36525台(累計344万9619台)
  • PS5/26322台(累計43万3545台)
  • PS5 デジタル・エディション/8335台(累計84371台)
  • Xbox Series X/1128台(累計30204台)
  • Xbox Series S/801台(累計8526台)
  • PS4/2559台(累計777万2882台)
  • PS4 Pro/19台(累計157万5708台)
  • Newニンテンドー2DS LL/814台(累計115万9191台)

ハードは『モンハンライズ』が本体ごと買われた影響でSwitchが合計26.7万台と大きく台数を積み上げ、累計で1900万台を突破しました。日本でもまだまだこれだけゲーム機が売れるというのは嬉しいですね。

その影に隠れていますが、PS5が合計6.2万台を売り上げました。ローンチ週以降で最大の売り上げとなりました。ほうぼうのショップで入荷したとか売っていたという情報が多かった週なので、出荷が正常化しつつあるかもしれません。

Xbox Seriesは先週からSeries Sが売れています。Xbox Game Passの魅力が徐々に浸透してきて「Game Passだけだから安い方でいいや」と買われていったのかもしれません。まったくの想像ですが。その代わりにSeries Xが432台と先週のほぼ1/3になってしまいました。

ゲーム関連ニュースカテゴリの最新記事