発売一週間で『モンスターハンターライズ』が全世界で500万本を突破!

発売一週間で『モンスターハンターライズ』が全世界で500万本を突破!

カプコンより『モンスターハンターライズ』が発売から1週間で全世界出荷本数500万本を突破したことが発表されました。

3月26日にリリースされたSwitch用『モンスターハンターライズ』の勢いが止まりません。29日には全世界出荷本数400万本が発表され、ファミ通調べの国内パッケージ売り上げが130万本だったことがわかりました。前作『モンスターハンター ワールド』は発売から3日で500万本出荷していますが、こちらはPS4とXbox Oneでのマルチリリースでした。『ライズ』はなんとかそれに食らいついています。

参考記事:
【祝】『モンスターハンター ライズ』発売4日にして全世界で400万本を突破‼
【ソフト&ハード週間販売数】『モンハンライズ』が130万本‼ Switch本体を26万台牽引

以下に公式発表を抜粋します。全文はリンク先で読んでください。

新モンスターや新フィールドのほか、フィールド内での高速移動やモンスターを拘束して操ることまでを可能にした「翔蟲(かけりむし)」を使った豪快な新アクションの数々、さらに、犬型の新オトモ「オトモガルク」の登場により、全く新しい狩猟体験がお楽しみいただけます。また、発売前にはオンライン通信とローカル通信で協力プレイが可能な体験版を2度配信し高い評価と注目を集めた結果、発売から1週間で500万本を販売しました。

CAPCOM IR

と、本作の新要素やSwitchによる「いつでも、どこでも、誰とでも、気軽に楽しめる」というコンセプトが広く受け入れられた要因だとしています。そして今後も『モンスターハンターストーリーズ2』との連動要素や、4月末からの「無料タイトルアップデート」によってさらに売り上げを伸ばしていくと見ているようです。

さらに「モンスターハンター」シリーズでは、『モンスターハンターライズ』との連動要素がある新作RPG『モンスターハンターストーリーズ2 ~破滅の翼~』の投入を2021年7月9日に予定しています。この他にもゲームの枠を超え、全世界で絶賛公開中のシリーズ初のハリウッド映画「モンスターハンター」や、アパレル・キャラクターグッズをはじめ多種多様な企業とのコラボレーション企画など、引き続きブランド価値の拡大に向けた様々な施策を展開してまいります。

CAPCOM IR
モンスターハンターライズ -Switch (【数量限定特典】「オトモガルク」と「オトモアイルー」の重ね着装備など 同梱)新品価格
¥8,100から
(2021/4/5 12:08時点)
モンスターハンター ライズ|オンラインコード版新品価格
¥7,191から
(2021/4/5 12:09時点)

おめでとうございます! まだまだ売り上げは伸びていくでしょうね。一度『モンハン』に飽きて離れたハンターたちが何作かぶりに戻ってきているみたいです。

Switchカテゴリの最新記事