【ソフト&ハード週間販売数】『モンハン ライズ』が19万本上乗せも全体的に低調な週となる

【ソフト&ハード週間販売数】『モンハン ライズ』が19万本上乗せも全体的に低調な週となる

ファミ通のソフト&ハード週間販売数トップ30(4/5~4/11)が発表されました。『モンスターハンターライズ』3週目は19万本と好調も、全体的には落ち着いた週となりました。

ソフト販売本数TOP10

今週先週タイトル販売本数対応機種
11モンスターハンターライズ19万4327本
(累計177万4063本)
Switch
22スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド21590本
(累計64万2106本)
Switch
33桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~12920本
(累計210万1505本)
Switch
44マリオカート8 デラックス10439本
(累計377万4112本)
Switch
55リングフィット アドベンチャー10154本
(累計250万1449本)
Switch
66Minecraft9408本
(累計189万2400本)
Switch
78大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL7835本
(累計423万6044本)
Switch
87あつまれ どうぶつの森7406本
(累計672万7920本)
Switch
910スプラトゥーン24783本
(累計383万6779本)
Switch
1011ポケットモンスター ソード・シールド4634本
(累計402万3912本)
Switch

3週目も1位となった『モンスターハンターライズ』は19.4万本を売り累計177万本となりました。なかなか勢いが落ちません。早ければ来週にも『モンスターハンターワールド』の国内累計(ファミ通調べ)に追いつきそうです。売り切れとなっていた店舗に追加分が補充され、4月末にはアップデートでモンスターが追加されるのでまだまだ売れそうですね。

モンスターハンターライズ -Switch (【数量限定特典】「オトモガルク」と「オトモアイルー」の重ね着装備など 同梱)新品価格
¥7,130から
(2021/4/16 23:58時点)
モンスターハンター ライズ|オンラインコード版新品価格
¥7,110から
(2021/4/16 23:59時点)

1位から6位まではなんと先週とまったく同じタイトルが並びます。ロングセラーがこれだけの数あることは異常なのですが、もはや日常となっているためスルーしてしまいます。先日販売数250万本突破の発表があった『桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~』は、ファミ通上でも210万本に達しています。300万本突破の発表も近いですね。

桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番! ~新品価格
¥5,140から
(2021/4/17 00:07時点)

ソフト販売本数TOP11〜30

11位以下もSwitchタイトルが並びます。20位くらいまで「下位定番タイトル」が占め、そこには『牧場物語 オリーブタウンと希望の大地』、『リトルナイトメア2』、『Apex Legends チャンピオンエディション』、『ヒューマンフォールフラット』、『天穂のサクナヒメ』といったサードパーティのタイトルが含まれていて、健全なランキングと言えそうです。PS、Xboxがいないという問題はありますが。『ブレイブリーデフォルトII』もなんとか頑張っています。丁寧に作られた優等生すぎるRPGなので頑張って欲しいです。

ブレイブリーデフォルトII -Switch新品価格
¥6,050から
(2021/4/17 00:16時点)

久しぶりにランキングに戻ってきたタイトルがいます。『釣りスピリッツ Nintendo Switchバージョン』は累計57.8万本『eBASEBALLパワフルプロ野球2020』は累計29.5万本まで売り上げを伸ばしていました。

Switchの壁にひとりで立ち向かっている『OUTRIDERS(アウトライダーズ)』ですが、初登場9位から一気に28位まで転落、売り上げもわずか1,370本となってしまいました。こちらはPS4版でPS5版は残念ながらランキングから消えてしまいました。面白いという評判ながら深刻なバグが影響しているようです。ハクスラで装備消失バグは痛すぎました。クロスプレイも早めに実現してほしいですね。できれば日本語吹き替えも…。

アウトライダーズ -PS4 【CEROレーティング「Z」】新品価格
¥6,990から
(2021/4/17 00:21時点)
アウトライダーズ -PS5 【CEROレーティング「Z」】新品価格
¥6,770から
(2021/4/17 00:21時点)

ハード販売台数

今週

  • Switch/48733台(累計1567万9282台)
  • Switch Lite/47526台(累計363万7401台)
  • PS5/13074台(累計51万5009台)
  • PS5 デジタル・エディション/2486台(累計10万1517台)
  • Xbox Series X/287台(累計31045台)
  • Xbox Series S/284台(累計9694台)
  • PS4/1430台(累計777万8077台)
  • Newニンテンドー2DS LL/622台(累計116万1498台)

先週

  • Switch/72184台(累計1563万549台)
  • Switch Lite/62892台(累計358万9875台)
  • PS5/16459台(累計50万1935台)
  • PS5 デジタル・エディション/4296台(累計99031台)
  • Xbox Series X/122台(累計30758台)
  • Xbox Series S/37台(累計9410台)
  • PS4/1591台(累計777万6647台)
  • Newニンテンドー2DS LL/752台(累計116万876台)

ソフトが全体的に低調だったように、ハードも落ち着いた週となりました。Switchは先週から4万台落とし合計9.6万台となりました。Switchが品薄だった影響でSwitch Liteのほうが多く売れていますね。Liteの新色「ブルー」が5月21日に発売されますが、いったいどのくらいの数を用意できるか心配です。

PS5も先週から微減となり合計1.5万台でした。先々週6万台を販売したときはPSファンからようやく供給が安定したかと安堵の声が聞こえましたが、先週からそれはため息に代わりつつあります。PS5が売り上げ1位をとったのはジム・ライアン氏のお膝元イギリスでのみです。

Xbox Series X/Sは今週も合計571台と伸び悩んでいます。出荷されればある程度売れる状況にあるので、Game Passが注目を浴びている今、攻勢に出て欲しいところです。

ゲーム関連ニュースカテゴリの最新記事