【PS5】『Returnal』の中断セーブに関して「どう解決するかまだ決めていない」と語る

【PS5】『Returnal』の中断セーブに関して「どう解決するかまだ決めていない」と語る

PS5独占タイトル『Returnal』に中断セーブなどの機能を追加するかについて「どう解決するかまだ決めていない」そうです。

PS5独占のローグライクシューター『Returnal』はゲーム内容が非常に高評価であったものの、数時間にも及ぶことがあるプレイ中に中断セーブができないことが批判されています。中断セーブ機能を搭載していないのは、プレイヤーが死亡するとアイテムなどが失われて最初に戻されるというゲームデザインであるため、セーブ出来てしまうとバランスが失われるとの考えからきているようです。

関連記事:PS5独占タイトル『Returnal』が高評価。しかしセーブシステムに不安の声も

開発会社のHousemarqueはこの問題に関する批判を受け、見解を述べています。

Axios Gamingのニュースレターに掲載されたインタビューの中でマーケティングディレクターのMikael Havari氏は、セーブ問題をどのように解決するかまだ検討中であると語り、プレイヤーによって期待するものが異なることが問題であるとしています。「現在、妨げとなっているシステムがあることは理解しています」と語り、プレイヤーが集中するための判断だったが、このような意見が出てきてしまったと述べました。

ここから察するにHousemarqueは中断セーブに関して、自分たちの考えるゲームプレイとユーザーの要望のどちらを取るか決めかねていて、解決策を模索している最中であり、すぐに中断セーブ機能が搭載されることはないということになります。

Havari氏は「現在それが何であるかを正確に把握していないのです。ですから何かを発表するのはとても難しいです。なぜなら、いろいろな人がいろいろなものを求めているからです」とも語っていて、開発者の混乱ぶりが伝わってきます。


『Returnal』は5月6日に配布された1.3.3 アップデートで「セーブデータ消失バグ」が見つかり配布を停止しました。その後安定した1.3.1バージョンに戻す暫定バージョン1.3.4を公開しています。現在こちらの対応に追われていて機能の追加どころではないのかもしれません。

参考記事

【PS5】Returnal新品価格
¥6,680から
(2021/5/14 11:50時点)

PS5カテゴリの最新記事