『ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD』で使えるamiiboが便利! しかし「強欲だ」と批判の声も

『ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD』で使えるamiiboが便利! しかし「強欲だ」と批判の声も

『ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD』で使える「ゼルダ&ロフトバード」のamiiboが発売決定となりました。便利な機能を使えるようになるのですが、一部では批判の声があがっています。

7月16日に発売予定の『ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD』。本作は2011年にWiiで発売された作品のHDリマスターバージョンでです。リンクは人々が暮らす空の世界をロフトバードに乗って移動し、雲の下に広がる地上に飛び降りて冒険するという、後の『ブレス オブ ザ ワイルド』につながる疑似オープンワールド仕様になっています。
冒険の途中で地上から空に戻るにはセーブポイントに行かないとならないため、若干億劫なときがあります。とはいえセーブポイントは各所に用意されているし、10年前のゲームなので当時はそれほど面倒だとは感じませんでした。

今回発売が決定した「amiibo ゼルダ&ロフトバード」を地上で使うと、どこにいても空に戻ることができるようになり、空で再びamiiboを使うと地上でamiiboを使用した場所まで戻ることが出来ます。つまりamiiboを使ったファストトラベルが可能になるということです。

この機能はとても便利なのでそれだけで価値があるものですし、なにより歴代で一番人気がある『スカイウォードソード』のゼルダのamiibo化なのでファンは待ち望んでいたことと思います。

今作では姫ではなくリンクの幼馴染

しかし、この機能が海外のゲームメディアで批判されています。
The Gamerは、今日では当たり前となったファストトラベルを解除するために任天堂に追加料金を払う必要があると報じ、「最悪の強欲さ」だと批判しました。これを「amiiboを持っているユーザーが特典を得られる」のではなく、「amiiboを持っていないユーザーが機能を奪われている」と表現しています。また、先にリリースされた『夢を見る島』に対して『スカイウォードソード HD』が若干のビジュアル強化だけのリマスターであることを暗に批判しています。

これは確かに一理あります。amiiboの値段はおおむね1,650円で、今回のように大きいサイズのものは3,000円近くします。ゲーム内で使用できるうえにクオリティも安定しているのでフィギュアとしては非常に良心的な価格です。しかしamiiboありきの特典機能には違和感を覚えます。

以前にも『メトロイド サムスリターンズ』でもamiiboを利用しないと高難易度モードが開放されないということがあり、同じように批判されました。『スプラトゥーン2』でもお気に入りのコーディネートを記録するにはamiiboが必要です。

本作のファストトラベルはamiiboがなくても消費アイテムなどで代用できるようにし、amiiboがあればアイテムがいらない、など工夫が欲しいところでした。amiiboは売り切れてしまうことが多く再販されることもまれなので、ゲームのリリースから時間が立つと実質的にこの機能は失われることになってしまいます。


だいたいのamiiboは消費アイテムを貰えるなどゲームに影響がない特典なので、あってもなくてもどちらでもいいものになっています。ただ、今回は特典機能が便利すぎるので批判されているようです。

しかし上のamiiboの使い方を見ると、いちいちファイを呼び出してamiiboをタッチするのがめんどくさそうに思えます。箱に入れたまま棚に飾っておきたいのでゲーム中べたべた触りたくないです。amiiboを買っても機能は使わないかも…。

参考記事

ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD -Switch新品価格
¥5,673から
(2021/5/19 23:31時点)

Switchカテゴリの最新記事