【5月26日】Nintendo Switch Onlineに5タイトルが追加‼ 『FE聖戦』や『忍者じゃじゃ丸くん』など

【5月26日】Nintendo Switch Onlineに5タイトルが追加‼ 『FE聖戦』や『忍者じゃじゃ丸くん』など

「Nintendo Switch Online」(有料)に加入することで遊ぶことができる「ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online」、「スーパーファミコン Nintendo Switch Online」に5タイトルが追加されます。

久しぶりの追加タイトルとなる今回はスーパーファミコン4本とファミコン1本です。

JOE&MAC 戦え原始人

1991年にデータイーストより発売されたスーパーファミコンソフトです。もともとはアーケードタイトルで、この後4作品展開される『戦え原始人』シリーズの第一弾。2人で協力プレイができる本作ですが、セレクト画面で「2P SUPER GAME」を選ぶとプレイヤー同士でも当たり判定が発生し、一方を踏み台にしてアイテムをとったり、攻撃して邪魔しあったりという遊びができるようになりとても盛り上がります。

対決!! ブラスナンバーズ

『ストリートファイター2』の登場で雨後の竹の子のごとく現れた格闘ゲームのなかの1つです。悪党や怪獣、液体金属のロボットなど奇をてらったキャラクターばかりが登場する異色タイトルで、ゲーム性は当時でもかなり遊びにくいものでした。ただキワモノタイトルとしてそれなりに有名なので、一度は遊んでみてもいいかと思います。

ファイアーエムブレム 聖戦の系譜

『ファイアーエムブレム』シリーズ4作目で、こちらもスーパーファミコンソフトです。本作から舞台が一新され、ストーリーと戦闘ステージが壮大になりました。また、シリーズでおなじみとなるキャラクター同士の恋愛・結婚が登場。子どもへの能力の引き継ぎシステムがあります。
『覚醒』や『風花雪月』から入ったファンには遊びにくい部分もあるかもしれませんが、美麗なドット絵がアニメーションする戦闘シーンをぜひ見てほしいです。

マジカルドロップ2

1996年にデータイーストから発売されたスーパーファミコン用のアクションパズルゲームです。キャラクターを操作し、上から迫ってくるドロップを並べ替えて消していくというルール。アーケードで人気を博し、ナンバリングだけでも5タイトルがリリースされています。公開された「プラスチャレンジ」動画では高難易度モードにする方法が紹介されています。

忍者じゃじゃ丸くん

1985年にジャレコからリリースされたファミコンの人気アクションゲームです。後に『ドラゴンクエストモンスターズ』や『伝説のスタフィー』を手掛けるトーセが開発してます。本作を含む『忍者じゃじゃ丸 コレクション』がSwitchとPS4で密かに発売されています。収録作品は以下の通り。

・忍者じゃじゃ丸くん(1985) アクション
・じゃじゃ丸の大冒険(1986)アクション
・じゃじゃ丸忍法帳(1989)RPG
・じゃじゃ丸撃魔伝 幻の金魔城(1990)RPG
・忍者じゃじゃ丸 銀河大作戦(1991)アクション
・じゃじゃ丸の妖怪大決戦(2019)アクション

RPG作品があるのは知らなかったので驚きです。2019年に最新作がリリースされていてそちらも収録されています。

忍者じゃじゃ丸 コレクション – Switch新品価格
¥4,200から
(2021/5/19 12:06時点)
忍者じゃじゃ丸 コレクション – PS4新品価格
¥3,772から
(2021/5/19 12:06時点)

今回はスーパーファミコン中心の追加となりました。ご人的注目タイトルは『FE聖戦』、『マジカルドロップ2』、『忍者じゃじゃ丸くん』ですね。『じゃじゃ丸くん』はコレクションを買おうと思います。

公式サイト

Switchカテゴリの最新記事