プラチナゲームズの自社IP『プロジェクト G.G.』や独自ゲームエンジンについて語る

プラチナゲームズの自社IP『プロジェクト G.G.』や独自ゲームエンジンについて語る

プラチナゲームズの稲葉敦志氏らがインタビューに答えた中で、『プロジェクト G.G.』や独自ゲームエンジンについて触れました。

Apple Arcade独占の『World of Demons 百鬼魔道』をリリースしパブリッシャーとしての道を進み始めたプラチナゲームズ。チーフクリエーティブオフィサーの稲葉敦志氏らがJP GAMESのインタビューに答え、同作について語りました。

稲葉氏によると『World of Demons 百鬼魔道』のIPはプラチナゲームズが所有しているとのこと。同社はTencentと業務提携していますが、IPのために出資を受けているものの、開発と管理はすべてまかされていて、良いパートナーシップだと感じているそう。プラチナゲームズの独立性は保たれているようです。

話は初の大型IPである『プロジェクト G.G.』に及びます。本作はゲームデザイナーの神谷英樹氏が手掛ける完全新作IPで、2020年初頭にティザートレーラーが公開されました。トレーラーからはウルトラマンのように変身して巨大怪獣に立ち向かうゲームだということが推測できますが、それ以外の情報は与えられていません。

稲葉氏はこの作品について

残念ながら今はまだゲームのことはあまりお話しできませんが、とても楽しいゲームになることは間違いありません。準備が整い次第、皆さんには大きな驚きをお届けできると思います

と語りました。

「大きな驚き」という言い回しから、トレーラーからは想像できないようなゲーム内容になるのかもしれません。神谷氏は2020年の時点で「まずはスタートラインに立ったばかりです。ゴールはまだまだ、果てしない先にあります」とコメントしているので、「大きな驚き」もまだ先になると思われます。

また、同社は独自のゲームエンジン「プラチナエンジン(仮)」を開発していると発表しています。独自エンジンを持つメリットについて質問されると、

ゲーム性を生み出すためには、開発者ができるだけ早くテストや反復を行うことが必要です。また、ジャンルを問わずさまざまな新しいゲームプレイを生み出したいと考えていますので、特定のジャンルを想定して作られたエンジンでは不十分です。
当社のエンジン開発チームには、高い技術力を持ったエンジニアが揃っており、必要に応じてゲーム開発にも参加しています。エンジン開発チームとゲーム開発チームが仲良く協力し合っていることがPlatinum Gamesの好調を支えています

と答えています。


『プロジェクト G.G.』についてはまだ何も言えないみたいですね。これ以外にも『バビロンズフォール』や『ベヨネッタ3』など発表済みのタイトルがあるので、そろそろ新情報を期待したいです。

参考記事

ゲーム関連ニュースカテゴリの最新記事