【メタルギア】コナミ、休眠IPを外部委託する考え【サイレントヒル】

【メタルギア】コナミ、休眠IPを外部委託する考え【サイレントヒル】

コナミは休眠IPを外部委託で復活させる可能性を示しました。

メタルギア』、『サイレントヒル』、『悪魔城ドラキュラ』など、コナミの人気シリーズはしばらく新作がリリースされておらず、長い休眠状態にあります。昨年から『サイレントヒル』の新作がPS5で作られているなど噂が氾濫していましたが、実際にはなにも発表されていません。その他にも『メタルギア』や『悪魔城ドラキュラ』のライセンスを外部の開発会社に貸して制作されているという噂もありました。

コナミのプロデューサー村戸信氏が最近のインタビューで、この可能性を肯定するような発言をしました。

インディーズ・スタジオのGuruGuruによって開発された『月風魔伝』に関するインタビューで、他にも過去の人気IPを開発会社に委託することはあるか、との質問に以下のように答えました。

私たちはさまざまなインディータイトルに常に刺激を受けており、彼らがどのように革新し、刺激的なゲームを生み出しているかを知っています。

『月風魔伝』はこのようなインディーズのアプローチを踏襲して復活させるには面白いIPだと感じたので、チームをよく知っているGuruGuruに連絡を取ることにしました。彼らはグラフィックデザインの新しいアプローチを模索していたので、このIPにはぴったりだと思いました。また、GuruGuruのチーム内に初代『月風魔伝』のファンがいたことも大きかったですね。今後のコラボレーションについては、ぜひ期待してください。

『メタルギアソリッド』で声優をつとめたデイビッド・ヘイター氏は、同作がPS5でリメイクされるかもしれないと発言しています。また、コナミはE3 2021には参加しませんが、いくつかの重要なプロジェクトを発表予定だとコメントしています。


村戸さんの発言だと『メタルギア』や『サイレントヒル』のような大きなIPではなく、ファミコン・スーファミ時代の古いIPをインディー規模で復活するかも、というニュアンスに聞こえます。『ツインビー』とか『グラディウス』くらいのタイトルですね。

個人的には『がんばれゴエモン』や『ボクらの太陽』あたりを期待したいです。

参考記事

ゲーム関連ニュースカテゴリの最新記事