ソニーダイレクト来るか!? E3終了後にすぐに独自のイベントを開催するとのリークが

ソニーダイレクト来るか!? E3終了後にすぐに独自のイベントを開催するとのリークが

リーカーの情報によると、ソニーはE3の終了後すぐに独自のイベントを開催し、ゲームに関する発表を行う可能性が高いとのこと。

E3 2021が盛り上がっている最中でありますが、ソニーは今回も不参加となりファンはがっかりしているかもしれません。リーカーのNavtra氏はそんな方に朗報をもたらしました。Navtra氏によると、ソニーはソニーダイレクトこと「State of Play」を、4月29日、5月27日に続いて6月も行う可能性があるとしています。氏は先日発表されたばかりの『ファイナルファンタジー オリジン』を事前にリークし、『スパイダーマン・マイルス・モラレス』と『サックボーイ』が縦マルチになることを正確に当てています。

このリークによると、次のState of Playでは『デス・ストランディング ディレクターズカット』の詳細情報が公開されるようです。先日ごく短いトレーラーが公開されたばかりのなので可能性が高そうです。また、スクウェア・エニックスはSummer Game FestとE3でがっかりカンファレンスを行い低評価を集めていますが、そこで公開されなかった『Forspoken』、『FF16』の新情報はState of Playのために温存しているのではと言われています。

今年発売されると言われていて、そろそろ続報がもたらされてもおかしくないのが『Ghostwire Tokyo』、『プラグマタ』、『Kena: Bridge of Spirits』、『リトルデビルインサイド』などです。これらが発表されればE3に押し負けることなくかなり盛り上がると思われます。

他にも『Horizon 禁じられた西部』の新たなトレーラーが公開される可能性もありますし、『Days Gone』の続編を却下されたベンドスタジオが手掛ける新規IPがお目見えとなるかもしれません。


ここのところ毎月State of Playを行っているソニーが、今月も開催するのではという噂です。これならE3に参加してもよかったのでは? と思ってしまいます。スクエニがソニーダイレクトのために話題作を温存してたということになれば批判は避けられません。ちょっと悪手でしたね。

参考記事

ゲーム関連ニュースカテゴリの最新記事