【ソフト&ハード週間販売数】『マリオゴルフ』が8万本で首位、『スカーレットネクサス』は2機種で3万本‼

【ソフト&ハード週間販売数】『マリオゴルフ』が8万本で首位、『スカーレットネクサス』は2機種で3万本‼

ファミ通のソフト&ハード週間販売数トップ30(6/21~6/27)が発表されました。『マリオゴルフ スーパーラッシュ』、『戦国無双5』、『スカーレットネクサス』、『カリギュラ2』などの新作が多数ランクインし、賑やかな週となりました。

ソフト販売本数TOP10

今週先週タイトル販売本数対応機種
1Newマリオゴルフ スーパーラッシュ80430本
(累計80430本)
Switch
2New戦国無双555675本
(累計55675本)
PS4
3New戦国無双538691本
(累計38691本)
Switch
41ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング23280本
(累計12万6008本)
Switch
5Newスカーレットネクサス20160本
(累計20160本)
PS4
62リングフィット アドベンチャー13756本
(累計265万4669本)
Switch
73Minecraft11888本
(累計201万9432本)
Switch
8New那由多の軌跡:改11230本
(累計11230本)
PS4
9Newスカーレットネクサス11008本
(累計11008本)
PS5
10Newカリギュラ210243本
(累計10243本)
Switch

今週1位はSwitchの『マリオゴルフ スーパーラッシュ』で8万本を売り上げました。イギリスのパッケージランキングでも初登場1位でしたので、各国で売れているものと思われます。ただ、そのときの記事でも指摘があったように、マリオのスポーツシリーズは本編に比べて売り上げが少ないです。シリーズが続くようにここから本数を伸ばしていってほしいですね。

初登場の『戦国無双5』は2位がPS4版で5.5万本。3位がSwitch版で3.8万本でした。前作がPS3、PS VitaだったこともあってかPS4版が約2万本リードとなりました。ゲームのパフォーマンス面でもPS4に軍配があがっているので、シリーズファンはより快適に遊べるPS4版を選んだようです。

新世代機向けに制作されたバンダイナムコの新規IP『スカーレットネクサス』はPS4版が5位で2万本、PS5版が9位で1.1万本とトップ10には入ったものの残念な成績となりました。本ブログでも紹介した海外のレビューでも言われていたように、ずさんなシナリオと一本道のフィールド、敵のバリエーションの少なさという欠点があり、そのへんが見透かされていて買い控えられたのかもしれません。

8位にはPS4の『那由多の軌跡:改』が登場。売り上げは1.1万本と若干低いですが、オリジナルPSP版のリファインということでそれほどコストがかかっていないものと思われます。

10位にはSwitch版『カリギュラ2』が1万本でランクインしました。前作がそれほどヒットしたわけではありませんが、『ペルソナ』ライクのゲームということで一定の需要があるようです。PS4版は13位で8454本と1万本を割ってしまいました。

11〜30位

30位まででは下位常連タイトルに混じって『Miitopia』が11位で1万本と健闘しています。日本一ソフトウェアの新作『わるい王様とりっぱな勇者』はSwitch版が19位で5433本、PS4版が29位で2533本と心配になる売り上げでした。ほかに初登場ではSwitchの乙女ゲー『剣が君 for S』が23位で3981本、PCで人気を博したマルチプレイヤーサバイバルゲーム『Rust』のPS4版が24位で3671本でした。

PS5の『ファイナルファンタジー7 リメイク インターグレード』と『ラチェット&クランク パラレル・トラブル』は残念ながら3週目にして早くもランク外となってしまいました。この結果をスクエニやソニーがどう捉えているのか気になるところです。

ハード販売台数

今週

  • Switch/58864台(累計1642万4721台)
  • Switch Lite/14087台(累計391万7110台)
  • PS5/20031台(累計71万8451台)
  • PS5 デジタル・エディション/3407台(累計14万132台)
  • Xbox Series X/2672台(累計41998台)
  • Xbox Series S/1441台(累計14626台)
  • PS4/2548台(累計779万5350台)
  • Newニンテンドー2DS LL/519台(累計116万6619台)

先週

  • Switch/61467台(累計1636万5857台)
  • Switch Lite/13610台(累計390万3023台)
  • PS5/13905台(累計69万8420台)
  • PS5 デジタル・エディション/1441台(累計13万6725台)
  • Xbox Series X/3141台(累計39326台)
  • Xbox Series S/543台(累計13185台)
  • PS4/667台(累計779万2802台)
  • Newニンテンドー2DS LL/481台(累計116万6100台)

Switchは今週合計7.2万台と微減が続きます。取り立てて品薄という声は聞かれないので、大型タイトルのはざまで売り上げが落ち着いているものと思われます。海外の集計機関によると、Switchの累計販売数がPS3の生涯販売台数を越えたとのこと。任天堂の想定では今年度中にWiiの販売台数を超えてPS4に迫ることになります。

PS5は合計2.3万台と先週から8000台アップとなりました。なかなか販売数が増えないPS5ですが、かわりに今週はPS4が2548台と多めに販売されました。

そのすきにXbox Series X/Sがじわじわと増え続けています。先々週あたりから急激に出荷され始めたのですが、今週はSeries Sも約3倍に増え、2機種合計で4113台を販売しました。日本でも初代Xboxくらいの存在感が出てきたら市場がもっと面白くなりそうですね。

ランキングカテゴリの最新記事