【悲報】『バイオハザード RE:バース』サービス開始が2022年に延期

【悲報】『バイオハザード RE:バース』サービス開始が2022年に延期

『バイオハザード』のマルチプレイ用スピンオフゲーム『バイオハザード RE:バース』が「プレイ品質向上のため」開始時期を2022年に延期すると発表されました。

『バイオハザード RE:バース』は『バイオハザード ヴィレッジ』購入者向けに無償提供されているマルチプレイゲームです。本作はバイオハザード25周年を記念して、2021年夏サービス開始とアナウンスされていました。ところが今回サービス開始が2022年へと、最低でも半年以上延期されることが発表されました。理由として「プレイ品質向上のため」と説明しています。以下がその全文です。

『バイオハザード RE:バース』サービス開始時期延期のお詫び

2021年夏のサービス開始を予定しておりました『バイオハザード RE:バース』ですが、プレイ品質向上のためサービス開始を2022年予定へと延期いたします。
お待ちいただいている皆様には誠に申し訳ございません。

サービス開始時期の詳細が決まり次第、改めてアナウンスさせていただきます。
よろしくお願いいたします。

<パッケージ版『バイオハザード ヴィレッジ』を購入されたお客様>

付属のプロダクトコードは、サービス開始まで大切に保管していただくか、プレイ予定のアカウントで事前に入力いただくようお願いいたします。

『バイオハザード RE:バース』開発チーム

ちなみに海外版では「開発チームがスムーズなゲームプレイ体験を提供するための作業を継続できるようにするため」だと説明されています。カプコンは今年4月に3回に渡ってβテストを行いましたが、初回のテストでは技術的な問題に見舞われています。

本作は『バイオハザード ヴィレッジ』に付属していたため、購入と同時に両方を遊ぶことができると期待していたユーザーも多いと思われますが、残念ながらもうしばらく待つしかないようです。


このところPS5に絡んだタイトルが軒並み発売延期となっています。新しいハードで作りなれていないという点もあると思いますが、Epicが明かしたような、ソニーによる特殊な契約のせいでないといいのですが…。

公式サイト

PS4カテゴリの最新記事