『零 ~濡鴉ノ巫女~』移植版にはゼルダ姫&ゼロスーツサムスはなく、別のコスチュームを準備

『零 ~濡鴉ノ巫女~』移植版にはゼルダ姫&ゼロスーツサムスはなく、別のコスチュームを準備

『零 ~濡鴉ノ巫女~(ぬれがらすのみこ)』の海外オリジナル版にあったゼルダ姫、ゼロスーツサムスのコスチュームは削除され、代わりに別のコスチュームが用意されるようです。

2015年に発売されたWii U版『零 ~濡鴉ノ巫女~』の海外版には、任天堂との特別なコラボとして『ゼルダの伝説』シリーズより「ゼルダ姫」、そして『メトロイド』シリーズより「ゼロスーツサムス」のコスチュームが用意されており、これらの衣装に着替えたキャラクターで遊ぶことが出来ました。

しかし10月28日に発売される移植版ではこれらの衣装が削除されていることがわかりました。理由は明白で、Wii U独占だったオリジナル版に対して、移植版はSwitch、PS4、PS5、Xbox One、Xbox Series X/S、Steamとマルチプラットフォームで発売されるからです。任天堂のキャラクターやコスチュームが任天堂機以外に登場することはまずありません。

これらの他にもWii U版にあった夕莉の「水着」、深羽の「グラビア水着」が収録されないことが発表されています。これらの衣装はかなり際どいものだったので、ポリティカル・コレクトネスの観点から削除されたと思われます。

移植版では代わりに新たなコスチュームが用意されており、「パンクコーデ」や「ゴスロリコーデ」、また、早期購入特典には『ライザのアトリエ』から「ライザの服」、「ライザの帽子」、「零シリーズ20周年記念DLC」として歴代キャラクターのコスチュームが発表されています。


Wii U版からは「フォトモード」の追加やグラフィックが強化されており、よりコスチュームを楽しめる環境があるので削除されたのは残念ですね。仕方ないことですが。

『零 ~濡鴉ノ巫女~』は10月28日にSwitch、PS4、PS5、Xbox One、Xbox Series X/S、Steamにて発売予定。PS5、Xbox Series X/S、Steamはダウンロード版のみの販売になります。

参考記事
公式サイト

PCカテゴリの最新記事