『FINAL FANTASY IV ピクセルリマスター』の発売日が9月9日に決定‼

『FINAL FANTASY IV ピクセルリマスター』の発売日が9月9日に決定‼

『FINAL FANTASY IV(ファイナルファンタジー4) ピクセルリマスター』の発売日が9月9日に決定しました。

スクウェア・エニックスによる名作のリマスタープロジェクト『ファイナルファンタジー ピクセルリマスター』は、第一弾として今年7月に『FF1』〜『FF3』までを同時に発売しました。ここまではファミコンで発売された作品であり、『FF4』〜『FF6』はスーパーファミコンで発売されていたので、こちらもまとめてリリースかと思われていましたが、今回は1作品のみのリリースとなりました。

『FF4』はバロン王国の飛空艇団「赤い翼」の隊長であるセシルが主人公で、自分が仕える国の方針に疑問を持ち始め、やがてある任務をきっかけにバロン王国と対立することになる、というストーリーです。ハードがスーパーファミコンになったことで飛空艇などの演出やサウンドが豊かになり、地上、地底、月と舞台も広大になりました。

敵とのバトルではアクティブタイムバトル(ATB)というシステムを採用しており、リアルタイムで時間が経過するなかコマンドを選択して戦います。このシステムは今後のシリーズでも長く使われることになり、他社のゲームでも模倣されるほど一般化しました。

今回の『FF4 ピクセルリマスター』では、1.ピクセルグラフィックを最新のハード向けに描き直す。2.植松伸夫氏が監修したアレンジサウンドトラック。3.現代的なUIと改善された操作。4.モンスター図鑑、イラストギャラリー、サウンドプレイヤー、どこでもセーブ、などの変更や追加要素があります。これらは前3作と同様です。

気になるのは過去のリメイク版、移植版にあった追加要素です。PlayStation版ではCGムービーの追加やダッシュ機能などがあり、ゲームボーイアドバンス版ではイベント、武器の追加と2つのダンジョンが加わりました。PSP版には本編の他に携帯電話アプリとして制作された後日談『THE AFTER 月の帰還』も収録されていました。ピクセルリマスターの『FF1』〜『FF3』では旧スマホ版にあった「ソウルオブカオス」「時の迷宮」「秘紋の迷宮」などが収録されなかったため、『FF4』以降もオリジナルにはなかったアイテム、敵、ダンジョン、エピソードは含まれないと思われます。これには不満を持つファンも多いはずです。


決定版になるかと思いきや追加要素が削られていたりちょっと購入を躊躇してしまう『ピクセルリマスター』。1〜3が1480円で、4〜6が2200円と、わりと高価なことも気になります。

『ファイナルファンタジー ピクセルリマスター』はPC、スマートフォン向けに9月9日発売予定、現在20%オフで予約受付中です。予約特典として、スペシャルサウンドトラック3曲と壁紙2種がもらえます。また、Steamでは6つのリマスター版をすべて収録したバンドル版も現在22%オフで購入できます。これにはすべての予約特典が付属します。

参考記事

PCカテゴリの最新記事