Switch版『スライムランチャー』が全機種の中で最高の初動を記録‼

Switch版『スライムランチャー』が全機種の中で最高の初動を記録‼

Switch版『スライムランチャー』が他機種を上回る初動売り上げを記録したことがわかりました。

先日行われたSwitch向けのインディーゲームを紹介する番組「Indie World Showcase 8.11.2021」のなかで、『スライムランチャー:ポータブルエディション(Slime Rancher: Plortable Edition)』がお披露目され、即日配信開始となりました。『スライムランチャー』は万能ツール「バキュームパック」を駆使して素材やスライムを集めたり、謎だらけの惑星「ハルカーナ」を冒険したりしながらスライム牧場を運営する、一風変わったFPSゲームです。

本作はすでに2017年頃からPS4、Xbox One、PCなどで発売していた作品で、Switch用に「ポータブルエディション」として開発されていました。

Switch版の配信開始からほどなくして、Monomi Park社の共同設立者兼CEOでありシリーズのゲームディレクターでもあるニック・ポポビッチ(Nick Popovich)氏が、TwitterにSwitch版の成功について投稿しました。氏いわく、Switch版の発売日の売り上げは、これまで発売した他機種の初動を上回り「史上最高の売上を記録した日」になったそうです。

『スライムランチャー』が誕生して6年目(!)の半分以上が過ぎましたが、昨日はその歴史の中で最高の発売日でした。皆さん、Switchのポータブルエディションを応援してくださってありがとうございます。

これまでもswitchで大きな売り上げを記録した、という声がインディー開発者からもたらされることが多く、Switchとインディーゲームの相性が良いことは知られていました。「すぐに競争が激化してレッドオーシャンになる」と言われ続けていたSwitchのインディーゲーム市場ですが、丁寧に作られたゲームがSwitchに登場すると、他機種で数年前に発売されたゲームでもこれだけ売れる、という格好の反証になりました。

Monomi Park社は続編の『スライムランチャー2』をXbox Series X/S、PC向けに開発しており、2022年にリリース予定です。


今回の「Indie World Showcase」で発表されたゲームは期待作が多くて盛り上がりましたね。どれも面白そうなのでさすがに全部は手が回りませんが、『スライムランチャー』は気になってきたので遊んでみたいと思います。

いくつかのタイトルをピックアップして紹介していますので、購入する際の参考にしてみてください。

参考記事

Switchカテゴリの最新記事