イギリスのゲームランキングTOP10:プレステが暴れまわりSwitchを押し下げる‼

イギリスのゲームランキングTOP10:プレステが暴れまわりSwitchを押し下げる‼

イギリスのパッケージゲームランキング(8月21日まで)が発表され、上位をPlayStationタイトルが独占し、Switchの勢いを押し留めたことが明らかになりました。

今週先週タイトル対応機種
1Newゴースト オブ ツシマ:ディレクターズカットPS4/PS5
210ラチェット&クランク パラレル・トラブルPS5
312スパイダーマン:マイルズ・モラレスPS4/PS5
41マリオカート8 デラックスSwitch
53Minecraft(Switch)Switch
62Grand Theft Auto 5マルチ
74東京2020オリンピック The Official Video Gameマルチ
85あつまれどうぶつの森Switch
97アサシンクリード ヴァルハラマルチ
1014FIFA 21マルチ

今週1位は初登場の『ゴースト オブ ツシマ:ディレクターズカット』です。PS5が普及しているイギリスだけあって比率はPS5版が91%を占めています。PS4版からのアップデートにも対応しているので、オリジナル版に続いて大ヒットとなりそうです。

僅差で2位となったのは『ラチェット&クランク パラレル・トラブル』。前週比で105%の売上増ということで8ランクアップです。続く3位にはこれもPSタイトルの『スパイダーマン:マイルズ・モラレス』。92%の売上増となりました。

4位には先週1位だった『マリオカート8 デラックス』がランクイン。しかし前週比でわずか4%減とのことなので、PSタイトル群に押し下げられる形になったようです。7位にはオリンピックの影響で順位を伸ばしていた『東京2020オリンピック The Official Video Game』が残っています。このあとどこまで粘れるか注目です。

先週9位だった『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』はトップ10から外れてしまいました。同様に先週8位だった『HADES』は15ランクダウンの23位となっています。

ランク外では新作の『Madden NFL 22』が19位に初登場。前作より47%ダウンのスタートとなってしまいました。


イギリスのチャートも日本同様定番ばかりが占めていましたが、ようやく動きが見られました。『ゴースト オブ ツシマ:ディレクターズカット』はオリジナル版から短いスパンでの発売でしたが、PS5対応と強力な追加シナリオでユーザーに受け入れられたようです。

参考記事

ランキングカテゴリの最新記事