記者「PS5がXboxに勝つために今年のクリスマスにこれ以上の独占ゲームは必要ない」

記者「PS5がXboxに勝つために今年のクリスマスにこれ以上の独占ゲームは必要ない」

海外ゲームメディアのMETROに「PS5がXboxに勝つために今年のクリスマスにこれ以上の新作独占ゲームは必要ない」という記事が掲載されました。METROは「この記事はGameCentralやMetroの見解を表すものではありません」という注釈で予防線を貼っています。どのような内容なのかを紹介します。


今年発売する独占ゲームは重要ではない

多くの読者と同じく筆者も『ホライゾン:禁じられた西部(Horizon Forbidden West)』が2021年内に発売されるはずがないと思っていたので、Gamescomで正式に延期が発表されたときになんの動揺もしませんでした。この発表を受けて多くのひとが「クリスマスに『Halo Infinite』と『Forza Horizon 5』を発売するマイクロソフトが優勢で、ソニーにはなんの独占タイトルもない」と言いました。しかし私はそうではないと思っています。

また、『Microsoft Flight Simulator』と『Psychonauts 2』が最近発売されたXboxは絶好調だとする意見がありますが、これらはどちらもイギリスのパッケージセールスチャートのトップ10に入っていません。もちろんXbox Game Passの加入者が無料でプレイできるからなのですが、チャートインしていないということはメインストリームのゲーマーにとってこれらのゲームがいかに響いていないかということを物語っています。

これはアンチXbox派として大げさに言うのではなく(マイクロソフトが他社を圧倒することで勝利を得ようとする姿勢は好きではないが)、カジュアルゲーマーやパブリッシャーにとって何が重要なのかということについて述べたいと思います。

一般層にとってマニアックなゲームは存在しないのと同じ

ほとんどの一般人にとってゲームといえば『FIFA』、『Call Of Duty』、『GTA』、そして『Fortnite』や『Warzone』のような人気のある無料ゲームという、とても狭い範囲を指します。彼らにとってマニアックなゲームとは『ダークソウル』やインディーゲームではなく、『アサシン クリード』や『バトルフィールド』を意味します。『Psychonauts 2』はハードコアなゲーマー以外には存在しないのと同じです。

これはPlayStationでも同様で、『The Last Of Us Part 2』はここ数年で最も注目された作品ですが、発売時には400万本しか売れていません。大失敗ではありませんが、一般層には注目されませんでした。ソニーは本作の販売数を決して公表しようとしませんが、同じような売れ方をした『God Of War』から判断すると、おそらく合計で1,000万本程度だったのではないでしょうか。

これは600万本以上の『NieR:Automata』よりは少しマシですが、1,100万本前後の『NEWスーパーマリオブラザーズU デラックス』(Switch)よりは少ないです。Wii Uのゲームを移植したもので、誰も気に入っていないようですが、それでも最近のXboxやPlayStationの独占ゲームよりも多く売れています。

独占タイトルはクリスマス商戦に影響しない

私が言いたいのは人々がXboxやPlayStationを買う理由は、独占ソフトではない、少なくとも直接的には関係ないということです。独占ゲームはPlayStationの良い口コミとなるのは間違いありません。高得点のレビューや高品質なグラフィックによって気になりはしますが、実際にプレイするのはごく一部のユーザーに過ぎません。PS4はこれまでに1億1500万台以上を販売してきましたが、そのPS4ユーザーのうち、注目度が高く高評価なゲームを購入した人は10%にも満たないということになります。

カジュアルゲーマーは『The Last Of Us Part 2』のような特別なタイトルをゲーム機の評判をよくするので好みますが、実際にプレイするほど興味をもつひとは驚くほど少ないのです。

今年のクリスマスシーズンに多くのひとにとって重要なゲームは『FIFA 22』、『Call Of Duty: Vanguard』、次世代機の『GTA 5』、そして冒険心があれば『Battlefield 2042』と『Far Cry 6』くらいでしょうか。これらのゲームはPlayStationとXbox両方に向けてリリースされます。昨年からPS5の販売台数がXboxの二倍となっていることを考えると、「PS5には独占タイトルがないから」、あるいは「Xboxには独占タイトルがあるから」といってこの状況が変わるとは到底思えません。


結構偏った記事なので首を傾げてしまうところもありますが、コアなゲームは一般層にとって存在しないのと同じ、という点は重要な指摘ですね。

ただ、この記者は「PS5に期待されていたゲームが今年のクリスマス商戦に間に合わなかった」というショックから無理やり擁護しようとして説を積み上げた感じが伺えます。なんだか「あのブドウはすっぱいに違いない」と言っているみたいです。

マルチプラットフォームの有名なゲームしかないハード、それに加えて独占の大作ゲームがあるハードを比較したら、考えるまでもなく後者のほうが魅力的に映ります。客は高い買い物をするときには情報を集めるものです。

そしてすでにPS5を持っているユーザーにとって、独占タイトルが軒並み延期され、ホリデイに遊ぶゲームがないというのは、やはり面白くありません。購買意欲が高い既存のユーザーを無視するのはうまい選択ではありませんよね。

参考記事

PS5カテゴリの最新記事