PS5新モデルは初期モデルより優れている可能性が浮上

PS5新モデルは初期モデルより優れている可能性が浮上

PS5新モデルは初期モデルより優れている可能性をあることをYouTuberが示しました。

マイナーチェンジされたPS5新モデルが市場に出回り始めましたが、300g軽くなった代償としてヒートシンクが大幅に削られていることが分かり、非難を浴びていました。新型PS5をいち早く解体してこのことに気づいたオースティン・エバンズ氏によると、ファンが変更されヒートシンクが削られたことでゲーム機の温度が53℃から55℃まで上昇しており、これがハードの性能に悪影響を及ぼす可能性があるとのことでした。

これに反応したYouTuberのHardware Busters Internationalがファンの回転数とパワーを測定したところ、異なる結果が得られました。新型PS5のCPUの動作温度は、旧型よりも約11℃低くなっていました。

PS5には、以前こちらの記事でも紹介した通り、異なる数種類のファンがランダムに搭載されています。今回Hardware Busters Internationalが入手したPS5は、どちらも同じ種類のファンを搭載しています。ファンのデューテー比における回転数は2台ともほぼ同じなので、検証結果にはファンの違いによる差異はありません。

マイナス点としては、新型PS5ではヒートシンクが変更されたことで若干騒音が大きくなっていること、メモリの冷却性能が旧型より落ちていることが挙げられています。ただ、CPUの方がより重要なため、トレードオフとして許容できるとHardware Busters Internationalは考えています。

消費電力が変わらず、新型PS5の方が排気温度が高いことから、新型のヒートシンクがより効率的であることを意味しているとHardware Busters Internationalは語っています。


Hardware Busters Internationalの主張をまとめると「本体温度の上昇で性能に悪影響はなく、軽くなった分の冷却を補えているので新型のほうが優れている」ということです。つまり騒音さえ気にしなければ性能に差はないので、新型・旧型を気にすることなく購入してもいい、ということでしょう。購入を検討している人は一安心というところでしょうか。

参考記事

PS5カテゴリの最新記事