プラチナゲームズ『ベヨネッタ3』を「心配しないでください」と発言するも、主演声優は不安を吐露

プラチナゲームズ『ベヨネッタ3』を「心配しないでください」と発言するも、主演声優は不安を吐露

プラチナゲームズの稲葉氏、神谷氏が『ベヨネッタ3』について「心配しないでください」と語りました。一方ベヨネッタの声優はファンを不安にさせるツイートをしています。

2017年12月の「The Game Awards」で発表され、それ以降なんの発表もない『ベヨネッタ3』。待ち続けているファンは、ゲーム関連のイベントやニンテンドーダイレクトのたびに期待しては落胆しを繰り返しています。

シリーズのクリエイターである神谷英樹氏は2021年の初めに、今年中に続報を公開することを予告しましたが、2021年も残り3ヶ月となった現在、クリスマスまでに発表されるかと聞かれた際も慎重な姿勢を崩しませんでした。

高品質なタイトルになるよう全力を尽くしている

VGCのインタビューに神谷氏は「“今年中に何かが出る “というわけではありませんが、1年あれば何かが起こるはずですよね? 以前「みんなが『ベヨネッタ3』のことを聞いてくるけど、しばらく忘れてください」と言ったのを覚えていますか? 最終的には、何をいつ発表するかは我々が決めることではないので、今のところはそのスタンスでいたいと思っています」と語りました。

稲葉敦志氏は「心配する必要はありません。今は心配しないでください。何も問題ありません」と述べています。

神谷氏と開発チームは、ファンと同様に『ベヨネッタ3』の情報を公開したいと考えているが、その判断はパブリッシャーである任天堂に委ねられていることを強調しました。

「このプロジェクトに携わっている全員が、自分たちのやっていることに誇りを持っていますし、それをみんなに見てもらいたいと思っています」

「ファンの皆さんが待ち望んでいるように、私たちもそれをお見せできる日を待っています。最後の最後まで走り抜ける私たちを、皆さんに応援していただきたい」

2019年に稲葉氏は、『ベヨネッタ3』の長い沈黙は、プラチナゲームズの取り組みの壮大さを表しているのではないか、と尋ねられると、「はい、高品質なタイトルになるようわれわれは全力を尽くしています。それが沈黙の意味するところです」と答えています。

ベヨネッタ役の声優が不安をつぶやく

プラチナゲームズが順調だと答えている一方で、ファンをまた不安にさせる展開がありました。

ベヨネッタ役の声優をつとめるヘレナ・テイラー(Hellena Taylor)氏は、Twitterで「あなたはアイコンです。あなたの素晴らしい声がないベヨネッタは想像できません」とファンに称賛されると、「(私の声がないベヨネッタということに)慣れなければならないかもしれない」と答えました。

その真意を尋ねられると、テイラー氏は「自由には言えない」と答えました。また。「早く戻ってきてほしい」というファンの声には、「守秘義務に縛られている」という内容をツイートしました。

しかし、これら一連のツイートからテイラー氏がベヨネッタ役を降板したなどと不安に思う必要はありません。ファンたちはこのように説明しています。「声優は通常なんの連絡もなければ言うことができます。秘密保持契約を結んでいるということは、彼女が『ベヨネッタ3』に戻ってくるということを示唆しているのではないでしょうか」。

テイラー氏のツイートが何を意味するのか誰も把握していませんが、声優がSNSでこのような発信をすることは初めてではありません。過去にはソニックの声優が役から引退したことを発表しましたが、数カ月後には役に復帰することになったこともありました。

関連記事:『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』の関係者が次々と離脱、何が起こっているのか?

テイラー氏はその後「ベヨネッタをやる上での最大の贈り物は、私の素敵なファンです」とツイートしています。


ゲームの開発はドラマやTVアニメなどと比べると格段に時間がかかります。大抵声の収録は開発の後半にされるので、何も聞かされていない声優は不安に思うかもしれません。テイラーさんは過去に「ぎりぎりになって電話をかけてくる」と不満そうにつぶやいています。

そんな彼女も神谷さん、稲葉さんのインタビューを読めば少しは安心するかもしれません。いずれにせよベヨネッタ役に深い愛情を持っているようで嬉しいですね。

参考記事

Switchカテゴリの最新記事