【悲報】Switchの有機ELモデルでは縦画面アタッチメントが使えない

【悲報】Switchの有機ELモデルでは縦画面アタッチメントが使えない

Switchの有機ELモデルでは縦画面アタッチメント「Flip Grip」が使えないことが判明しました。

昔ながらの縦シューティングゲームファンにとっては、続々と過去作が移植されるSwitchは最高のゲーム機です。そして、携帯モードでも縦長の画面を実現するためのアタッチメント、「Flip Grip(フリップグリップ)」は彼らの必需品でした。このアクセサリーを使えば、Switchを縦向きにして、Joy-Conを側面に固定することができます。

Flip Gripのユーザーで、Switchを新型の有機ELモデルに買い換えようと検討しているひとは注意が必要です。10月8日に発売されるSwitchの有機ELモデルでは、Flip Gripを取り付けることができません

Switchの従来モデルと有機ELモデルはほぼ同じサイズですが、有機ELモデルのほうが若干背が高いため、Flip Gripの幅に入らなくなっています。無理やり力をいれれば入りそうな差ではありますが、Switch本体に傷がついたり、取り外しできなくなる可能性が高いです。

Flip Gripの製作者であるマイク・チョイ(Mike Choi)氏はこのことを認識しており、現在改良版の開発に取り組んでいるそうです。

縦シューティングファンにとってはFlip GripはSwitchの一部となっていることと思います。今後の情報を待ちましょう。


ある種の人たちにはとても残念なニュースでした。しかし改良版が開発されているとのことですので、吉報を待ちましょう。有機ELモデルもなかなか手に入らないことですし。

Flip Gripに関して続報が入りましたら、またお知らせしたいと思います。

参考記事

Switchカテゴリの最新記事