ソウルライク2Dアクションの続編『ソルト アンド サクリファイス』のPC版はEpic独占

ソウルライク2Dアクションの続編『ソルト アンド サクリファイス』のPC版はEpic独占

ソウルライク2Dアクションの『ソルト アンド サクリファイス』が、PC版はEpic Games Store独占となることが判明しました。

Ska StudiosとDevoured Studiosは、『ダークソウル』シリーズにインスパイアされた2DアクションRPG『ソルトアンドサンクチュアリ』の続編となる『ソルト アンド サクリファイス』の新トレーラーを公開しました。本作は2022年春にPS4、PS5、PCで発売予定で、PC版はEpic Games Store限定となります。

前作は「2D版ダークソウル」と呼ばれるダークな世界観と高難易度のゲームながら、やりがいのあるレベルデザインで高評価を得ていました。続編ではオンラインプレイに対応予定で、協力プレイやプレイヤー同士が戦うPvPなどの要素が発表されています。前作のファンは楽しみにしていると思いますが、現在発表されている対応言語は英語、イタリア語、フランス語、スペイン語、ドイツ語などで、日本語のサポートは予定されていません

前作はSteamで人気となり、またたく間に80万ダウンロードが報告されました。それが今回Epic独占となったのは意外です。時限独占などの契約があったものと思われます。

また、今回は対応機種にSwitchが含まれていないのも注目されています。前作はSwitchにも移植され、後発ながらその売り上げは、開発者が「Steam初週の数字に匹敵するほどとても良く売れた」と喜びを表明していたほどです。発売から3年経ってもeショップでセールになることは稀なので、現在もコンスタントに売れていることが想像できます。

前作もSteamに続いてPS4、PS Vita版が発売されていたので、今回もSwitchやXboxへの移植、そして日本語にも対応されることが期待されます。


前作は日本でもPS4/Vita版が10万本売れるなど、インディーゲームながらスマッシュヒットしたタイトルです。コンシューマーではPlayStation、PCではEpic Games Store独占となっていますが、Epicはソニーから260億円もの出資を受けていることもあり関係性が深いです。つまりSwitchやXbox、そしてSteamではしばらく遊べないかもしれません。

参考記事

PCカテゴリの最新記事