『メトロイド』は終局ではなく、シリーズは続く:坂本賀勇氏インタビュー

『メトロイド』は終局ではなく、シリーズは続く:坂本賀勇氏インタビュー

メトロイドシリーズの生みの親で、『メトロイドドレッド』のプロデューサーである坂本賀勇氏がCNETのインタビューに答え、シリーズはこれで終局ではなく、今後も続くと語りました。全文を紹介します。


プロデューサーの坂本賀勇氏は、初代からメトロイドの創造性を導いてきました。その坂本氏に、『メトロイド』について、また新作の構想や未来について、日本と中継を繋いでインタビューしました。

メトロイドは据え置き機と携帯機の間を行き来していました。Switchはその両方を兼ね備えていますが、どちらがお好みですか?

坂本:テレビモードでも携帯モードでも、あまり強い好みはありません。『メトロイド』はかなり大きなスケールの世界観で、SF的な要素も大きいので、個人的にはテレビの大画面でプレイした方が盛り上がるかもしれないと感じています。もちろん、映像のクオリティも大幅に向上し進化しています。そういう意味では、Nintendo Switchというハードとはとても相性がいいかもしれませんね。

メトロイドシリーズは携帯機向けにもたくさん作られていますよね。携帯機は『メトロイド』と特に相性が良いと思いますか?

わたしが所属していた(メトロイドの)元々の開発部門は、携帯ゲーム機にとても精通していました。しかし、わたしはとくに携帯機にこだわっていたわけではなく、それぞれのハードで最高のメトロイドを作ろうと最善を尽くしていました。

『メトロイドドレッド』のアイデアは、15年前、ニンテンドーDSのユニークさを生かした『メトロイド』のアイデアを考えていたときに生まれました。それが最終的にはNintendo Switchになりました。もちろんDS時代から進化させたり、修正の必要があるアイデアもありました。しかし、最終的にはすべてのアイデアがフルカスタマイズされた感じています。

『メトロイド』のゲームへの影響についてですが、あなたのアイデアから「メトロイドヴァニア」という言葉が生まれ、これらのゲームはメトロイドに影響を受けていると認めています。そういったフォロワーについてどう感じていますか? ゲームデザイナーたちがあなたのアイデアを元に制作していることを知っていますか? そして、それはあなたを刺激しますか?

メトロイドヴァニアというジャンルでは、たくさんのゲームがリリースされています。もちろん、わたしはそのすべてに精通しているわけではありません。
わたしがこのジャンルを作った最初のメンバーの一人で、多くのゲームデザイナーがこれを消化して自分のスタイルでカスタマイズし、ゲームを作っているという事実にとても感謝しています。そしてまた、とてもとても面白いです。
わたしたちが当時やったことが、多くのゲーム開発者やゲームデザイナーに引き継がれ、さまざまなゲームが作られていることは、正直、とても嬉しく、ありがたいことだと思っています。

「メトロイド」の意味するところの認識は変わりましたか? あなたと『メトロイド』の関係は変わりましたか?
メトロイドやサムスには確固としたキャラクターやフランチャイズのイメージがあって、それをゲームの中で思い通りに表現することができたのでしょうか?

この質問にどう答えたらいいのかわかりません。しかし、サムスというキャラクターは何年もかけて成長してきたと感じていますし、彼女の冒険のたびに、サムスがどのようなキャラクターなのか、彼女の内面について理解を深めることができました。『メトロイドドレッド』では、メトロイドとサムスの運命がつながっていることが物語の大きなテーマとなっています。メトロイドシリーズとサムスに対する私の理解とビジョンは、年々深まっています。

E3では、「シリーズを続けたい」「絶対に終わらせたくない」とコメントしていましたね。『ドレッド』はひとつの区切りになると考えていますか?

サムスというキャラクターが存在する限り、彼女の冒険は続くと思っています。サムスは冒険を続けるべきだと思っていますし、それにはわたしたちが最善の努力をしなければならないと考えています。『メトロイドドレッド』は、35年間続いてきた5つのストーリーを完結させます。しかし、それは終局ではないと思っています。フランチャイズとユニバースを継続できるものがあるはずです。ですから、サムスというキャラクターが愛される限り、わたしは自分のやるべきことをやっていきたいと思っています。

もし、任天堂の他のフランチャイズのゲームを作るとしたら、どのゲームにしますか?

うーん、何と言ったらいいのでしょう? これはとても難しい質問ですね。その時が来たら、わたしが何を作りたいか、わたしのチームが何を作りたいか、そして、それが任天堂のファンの方々に楽しんでいただけるものかどうかにかかっていると思います。
わたしにそのビジョンを見えない限り、そのアイデアを実現するのはとても難しいでしょう。もちろん、アイデアがあったとしても、答えるのは難しいでしょうね。曖昧な答えで申し訳ありませんが、非常に難しい質問ですね。映画というのもとても面白いと思いますが、ここでは具体的に答えられることはありません。

最近発表スーパーマリオの映画が発表されましたが、メトロイドの映画も面白いでしょうね。サムス役に誰が起用されるのか見当もつきません。

それはとても興味深いことです。個人的には、いつの日か実現したらいいなと思っています。


興味深いトピックがいくつも出てきましたね。まずは2Dメトロイドシリーズがこれからも続くということが確認できました。『ドレッド』で一区切り、とは言われていたので、今後どういう展開になるのか楽しみです。

次はもう少し早く遊びたいところですが、まだ『メトロイドプライム4』や、噂されている『メトロイドプライム』のリマスターが控えているので、これらを遊びながらじっくり待ちたいと思います。

オリジナル記事

Switchカテゴリの最新記事