ブラックフライデーで『マリオカート8 デラックス』がUKランキング首位に返り咲き‼

ブラックフライデーで『マリオカート8 デラックス』がUKランキング首位に返り咲き‼

ブラックフライデーの影響で『マリオカート8 デラックス』がUKランキング首位を奪還したことがわかりました。

先日の記事でアメリカのブラックフライデーで一番売れたハード(バージョン別)がXbox Series Sになったことを取り上げましたが、イギリスでは『マリオカート8 デラックス』が週間ランキングで1位になりました。先週7位から一気に駆け上がり、売上は先週比でなんと567%も増えました。

関連記事:ブラックフライデーに最も売れたハードはXbox Series S‼ バージョン合算ではSwitchか?

『マリオカート8 デラックス』は化け物タイトル

基本的な情報を振り返ると、そもそも『マリオカート8』は2014年にWii U専用タイトルとして発売されました。Wii Uが不振に終わったこともあり、SwitchではDLCなどの追加要素をすべて収録した完全版となる『マリオカート8 デラックス』として発売されました。これが2017年のことです。

イギリスでは発売以来長らく売上ランキングに居座り続け、多くのゲームがランクインしては落ちていくのを見守っていました。これは日本でも同じ事が起こっています。今回先週比で5.7倍という大躍進で1位になりましたが、実は首位自体は珍しいことではありません。実際に今年の9月にも、新作タイトルの発売されない隙きを縫ってUKランキングで1位を獲得しています。

ちなみにその週は龍が如くスタジオの『Lost Judgment』が発売されましたが、1〜3位をSwitchの定番タイトルが独占しました。そして日本ではファミ通ランキングのトップ30を2週に渡ってSwitchタイトルが独占していた時期でもあります。

このように世界で人気の『マリオカート8 デラックス』ですが、実際どれくらい売れているかというと、最新の発表では世界で3,874万本を販売していることが明かされています。これはシリーズで一番売れていた『マリオカートWii』の3,738万本を抜いて最高売上となっています。ちなみにオリジナル版であるWii Uの『マリオカート 8』は846万本ですので、デラックス版と合算すると4,720万本にも達します。Switch版発売から4年が過ぎても年数百万本単位で売れているので、この数字はまだまだ増えていきそうです。

こうやってみるとUKランキングで今さら1位を獲得したのも当然のように感じられます。

イギリスの週間ゲームランキング(11月27日まで)

この週のランキングトップ10は以下のとおりです。

今週先週タイトル対応機種
17マリオカート8 デラックスSwitch
25FIFA 22マルチ
312マインクラフト(Switch)Switch
44Call of Duty: Vanguardマルチ
517Marvel’s Guardians of the Galaxyマルチ
61ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンドSwitch
710Just Dance 2022マルチ
811あつまれどうぶつの森Switch
98Far Cry 6 Packマルチ
1013マリオパーティー スーパースターズSwitch

Switch独占タイトルはマーカーでしめしました。トップ10に5本もランクインしており、イギリスでもSwitchが人気だということがわかります。『ポケモン シャイニングパール』が入っていませんが、11位に位置しています。どのタイトルも先週比で増加しており、ブラックフライデーの影響がうかがえます。


イギリスで人気の『FIFA』、『CoD』を抑えての1位でした。結構すごいことですね。

ホリデーシーズンということで、ゲーマー向けのタイトルよりもファミリー層向けタイトルが目立っていて、この時期を見越して『マリパ』や『やわらかあたま塾』などが戦略的にリリースされていることがわかります。まあ、マリカはどんな時期でも売れているわけですが。

参考記事

Switchカテゴリの最新記事