Switch版『絶対絶望少女 ダンガンロンパ Another Episode』移植の可能性は? ディレクターが語る

Switch版『絶対絶望少女 ダンガンロンパ Another Episode』移植の可能性は? ディレクターが語る

ダンガンロンパシリーズのスピンオフ作品、『絶対絶望少女 ダンガンロンパ Another Episode』のSwitch移植の可能性をディレクターが語りました。

シリーズ10周年を迎えついにSwitchでも展開された『ダンガンロンパ』。そのSwitch版『ダンガンロンパ トリロジーパック + ハッピーダンガンロンパS 超高校級の南国サイコロ合宿』でディレクターを務める佐々木駿氏が、ファミ通のインタビューで、スピンオフ作品である『絶対絶望少女 ダンガンロンパ Another Episode』がSwitchに移植される可能性について言及していました。

『絶対絶望少女』は2014年にPS Vita用タイトルとして発売されました。本編とは異なりジャンルはアクションアドベンチャーとなっており、主人公キャラクターたちを操作してモノクマを撃ち倒しながらゴールを目指す、3Dシューター系のゲームになっています。2017年にはPS4とPCに移植されました。

ストーリーは一作目から一年半後を描いており、一作目に登場した腐川冬子がプレイアブルキャラクターとして登場するなど、二作目の『スーパーダンガンロンパ2』までをつなぐ作品という位置づけです。なので今回のSwitch版でファンになったユーザーは移植を希望するところでしょう。

佐々木氏はファミ通の「多くのファンが『絶対絶望少女』の移植を望んでいます」との質問に、「現段階では何も決まっていません」と答えています。

しかしSwitchの携帯モードはVita用に開発された『絶対絶望少女』と相性がいいとし、ゲームのテーマがデリケートなのでSwitchで発売できるかわからないが、ファンの声が大きければ実現しやすいと語っています。

オリジナルからのファンもSwitch版で初めて触れた新規ファンも、ぜひ声を上げてみてはいかがでしょうか。


『ダンガンロンパ』のSwitch移植は、初代から10年が経ち、当時はプレイできなかった人々にもこの名作を届けたい、といった思いから実現したそうです。ぜひシリーズをすべて現行機で遊べるようにしてほしいですね。

先日『ダンガンロンパ』のスタッフが再集結したダークファンタジーミステリーゲーム、『超探偵事件簿 レインコード』の開発が発表されました。こちらも楽しみですね。

Switchカテゴリの最新記事