『サイレントヒル』のクリエイターらによる『野狗子 Slitterhead』が発表‼

『サイレントヒル』のクリエイターらによる『野狗子  Slitterhead』が発表‼

『サイレントヒル』を手掛けたスタッフが集まったBokeh Game Studioのデビュー作『野狗子 Slitterhead』が発表されました。

The Game Awards 2021にて、Bokeh Game Studioのデビュー作となる『野狗子 Slitterhead』が発表されました。まずはトレーラーをご覧ください。

Bokeh Game Studioは『サイレントヒル』、『サイレン』などを手掛けた外山圭一郎氏ら旧SIEジャパンスタジオのスタッフが立ち上げた新スタジオです。外山氏はスタジオ設立の際のインタビューで、新作ホラーゲームを開発していることを明かしていました。これが今回発表された『野狗子 Slitterhead』のようです。

「野狗子」という言葉は聞き慣れないので調べたところ、「やくし」と読み、中国の妖怪だとのこと。17世紀の中国で蒲松齢によって書かれた怪奇小説集『聊斎志異』の、「野狗子」という短編に登場します。人間の体に獣の頭を持つ妖怪で、死体の脳みそを食らうとされています。「野狗(イェゴウ)」は中国語で野良犬を指す言葉です。(参考サイト

中国の妖怪ということで、ゲームの舞台も中国であることが伺えるカットがトレーラーでも見られました。タイトルバックの映像がそうです。

外山氏は以前インタビューで「1990年代の香港映画、とくにウォン・カーウァイ」にインスパイアを受け、「アジアを舞台にした−−単純なホラーと言うよりは、幅広く楽しんでいただけるようなエンターテインメント作品−−というものを目指している」と語っていたので、これにも符号します。

また、嬉しい情報として、本作には『サイレントヒル』で音楽を手掛けた山岡晃氏が参加しています。氏は以前、新規プロジェクトに参加していて、2021年の夏にファンが喜ぶような発表があるかもしれないと語っており、そのインタビュー動画が何故か削除されるという事がありました。憶測ですが、そのプロジェクトとは本作のことを指していたのではないでしょうか。

今回のトレーラーは1分半と短いものですが、さまざまな情報が詰め込まれています。外山氏の発言から、本作の発売は2023年以降になると思われるので、これを繰り返し観ながら続報を待ちたいです。


スタジオ立ち上げから驚異のスピードでの発表となりました。発売時期や対応機種は明かされていませんが、以前にマルチプラットフォームでの発売を目指しているという発言をしています。発売時期は記事中にも記しましたが、2023年を予定しているそうです。

『サイレントヒル』よりは『サイレン』寄りの作品になりそうですね。楽しみです。
本作に関する過去のインタビューなど、関連記事をピックアップしましたので、ぜひお読みください。

ゲーム関連ニュースカテゴリの最新記事